2022年 5月 20日 (金)

プーチン支持投稿「何も後悔していない」 資格停止処分のロシア選手、国際チェス連盟に怒り

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロシアのチェスプレイヤーで「グランドマスター」の称号を持つセルゲイ・カヤキン(32)が、国際チェス連盟(FIDE)が科した処分に対してSNSで怒りを滲ませた。

   カヤキンはSNSでロシアによるウクライナへの軍事侵攻やプーチン大統領を支持する投稿を繰り返し、これを問題視したFIDEは2022年3月21日に公式サイトでカヤキンに6か月間の資格停止処分を科したことを発表した。

  • セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
    セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
  • セルゲイ・カヤキンのテレグラムより
    セルゲイ・カヤキンのテレグラムより
  • セルゲイ・カヤキン(写真:ロイター/アフロ)
  • セルゲイ・カヤキンのテレグラムより

「スポーツは政治と切り離されるという基本原則が踏みにじられている」

   同連盟はウクライナへの軍事侵攻に関するカヤキンの発言はSNSなどで相当数の反応を引き起こし、その大部分が否定的なものだったと指摘。倫理委員会が満場一致でカヤキンの処分を決定したとしている。

   厳罰を科されたカヤキンはメッセージアプリのテレグラムに怒りのコメントを投稿。「予想されたが、FIDEによる恥ずべき決定だ」と書き出し、「スポーツは政治と切り離されるという基本原則が踏みにじられている」と主張した。

   6か月間の資格停止処分により、22年6月に行なわれる世界選手権予選の出場が不可能となり、ロシアの日刊全国紙「コメルサント」(WEB版)は、22年に開催される最も重要なトーナメントにカヤキンが出場できなくなったと伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中