2022年 5月 24日 (火)

プルシェンコ、自分に「いいね」で追放のウクライナ代表受け入れ 「喜んで連れて行く準備」露メディア報道

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   フィギュアスケートの元ロシア代表で五輪金メダリストの「皇帝」エフゲニー・プルシェンコ氏(39)が、ウクライナ代表から追放されたアナスタシア・シャボトワ(16)の受け入れを表明したと、2022年3月24日までに複数のロシアメディアが伝えた。

  • エフゲニー・プルシェンコ氏(写真:TASS/アフロ)
    エフゲニー・プルシェンコ氏(写真:TASS/アフロ)
  • エフゲニー・プルシェンコ氏(写真:TASS/アフロ)

「大統領が取った方針は正しいもの」

   複数のロシアメディアによると、シャボトワはプーチン大統領を支持したプルシェンコ氏のSNS投稿に「いいね」をしたことでウクライナ代表から追放されたという。シャボトワは2月に開催された北京冬季五輪にフィギュアスケート代表として女子シングル、団体戦に出場した。

   ロシアのスポーツメディア「SPORT24」(WEB版)は3月24日、シャボトワに関するプルシェンコ氏のコメントを紹介した。

   記事によると、プルシェンコ氏は「私たちは喜んで彼女をロシア代表チームに連れて行く準備ができています。私たちは彼女を待っています」などと明かした。

   さらにダブルスタンダードの世の中ではロシアは何も出来ず権利を守ることすら出来ないと指摘し、「私たちはもはや弱い国ではない。大統領が取った方針は正しいものであり、誰もが集結して一緒になり、私たちの故郷と国を守る必要がある」と、改めてプーチン大統領支持の姿勢を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中