2022年 5月 29日 (日)

宮迫博之、牛宮城の和牛「表記と実物の差異」認め謝罪 「信頼損なう事態」...公式HPの説明も削除

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   元雨上がり決死隊の宮迫博之さんが2022年3月25日、YouTubeチャンネルに公開した動画で、自身の焼肉店「牛宮城」で提供している和牛について、メニュー等の表記と実際の提供内容に差異があったと認め、謝罪した。

   「30ヶ月以上肥育されたA5の雌牛のみ」の使用を謳っているにも関わらず、店では一部、肥育期間を満たさない牛や「去勢された雄牛」を提供していた。今後は表記を改めるとする。

  • 宮迫博之さん
    宮迫博之さん
  • 牛宮城公式サイトから削除された項目
    牛宮城公式サイトから削除された項目
  • 宮迫博之さん
  • 牛宮城公式サイトから削除された項目

「組織として管理が徹底できておりませんでした」

   同店をめぐっては、一部の和牛が「去勢された雄牛」であるとネット上で指摘があがり、物議を醸していた。

   騒動を受けて宮迫さんは25日、YouTubeで「牛宮城に関してお詫びとご報告」という題の動画を公開した。協力者・本田大輝さんと共に、牛宮城で提供した和牛に言及している。

   宮迫さんは、公式サイトやメニューで和牛に関して「雌牛のみ使用」を謳いながら、店で「去勢された雄牛」を提供したことは事実であると認めた。仕入れ担当者に確認したという。

   続けて本田さんが詳細を説明。具体的には同月1日から22日に仕入れた牛22頭のうち、2頭が去勢された雄牛だった。「厳選和牛サーロイン焼きすき」として提供したといい、

「本来であれば、仕入れた時点で牛の個体識別番号から必要な情報を確認すべきでしたが、組織として管理が徹底できておりませんでした」

という。さらに調査結果について、店では肥育期間30ヶ月未満の牛も使用していたと伝える。本田さんは次のように反省を示し、宮迫さんとともに深く頭を下げた。

「今後はコンプライアンスを意識した組織体制を作るよう心掛けるとともに、その他の点でもお客様に安心して召し上がっていただけるよう、再発防止に努めてまいります。誠に申し訳ございませんでした」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中