2022年 5月 17日 (火)

開幕3連敗の新庄ハムにOBアドバイス 「このままでは優勝を目指せないチームになる」打線の重要性強調

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(50)が2022年3月27日放送のラジオ番組「ガンちゃんの『世界一面白いプロ野球の番組』」(HBCラジオ)に出演し、日ハムの開幕戦と第2戦を独自の視点から分析した。

  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)
    新庄剛志監督(写真:アフロ)
  • 新庄剛志監督(写真:アフロ)

「あの千賀でも開幕戦ということでアップアップだった」

   日ハムは3月25日に敵地ペイペイドームでソフトバンクを相手に開幕戦を行い1-4で敗れた。26日の第2戦は1-1の同点で迎えた5回に5点を失い3-6で落とした。続く27日の第3戦は5回に3点を挙げ逆転するも4-6で敗れ、開幕カード3連敗を喫した。

   ドラフト8位ルーキー北山亘基投手(22)が先発した開幕戦は、細かい継投でソフトバンク打線を7回まで無失点に抑えた。1点リードの8回に1死満塁から登板した7番手・西村天裕投手(28)がガルビス(32)に本塁打を浴び試合をひっくり返された。

   岩本氏は開幕戦を落とした要因のひとつにソフトバンク先発・千賀滉大投手(29)を調子に乗せてしまったとの見解を示した。岩本氏が指摘したのは初回に先頭の今川優馬(25)がスリーボールからの4球目をセンターに打ち上げた場面だ。

「あの千賀でも開幕戦ということでアップアップだった、あの3球。ピッチングフォームはバラバラだし、気持ち的にも舞い上がっていた。そのアップアップを見た時にあそこスリーボールからは申し訳ないけど1球見なきゃいけないのよ。最低でも。待ってほしい」

さらに「あそこバッター目線で言うとメチャクチャ打ちどころかもしれない。キャンプ、オープン戦はそういう野球していた。でも開幕戦で千賀攻略の時はバッテリーコーチやピッチングコーチでもええわ。マウンド心を知る人間が『ここ待った方が。千賀アップアップやで』と。そこは進言がいると思った」と続けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中