2022年 5月 18日 (水)

大ヒット漫画「タコピーの原罪」は何が注目されたのか ツイッター分析から読み解く

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   タイザン5(ふぁいぶ)さんによる短期連載「タコピーの原罪」が2022年3月25日、完結した。

   同作は、地球にハッピーを広めるため降り立ったハッピー星人「タコピー」と、複雑な家庭環境や学校でのいじめに苛まれる子供たちとの交流を描いたヒューマンドラマ。2021年12月10日に集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+」で連載を開始し、人気を博した。総閲覧数は22年3月28日現在までに8000万ページビューを超える。

   ツイッターではどんな点が注目を集めたのか。(※以下、ネタバレを含みます。)

  • 「少年ジャンプ+」で連載中の「タコピーの原罪」(タイザン5さんのツイートより)
    「少年ジャンプ+」で連載中の「タコピーの原罪」(タイザン5さんのツイートより)
  • 「タコピーの原罪」を含むツイート数(リツイートを除く)
    「タコピーの原罪」を含むツイート数(リツイートを除く)
  • 「少年ジャンプ+」で連載中の「タコピーの原罪」(タイザン5さんのツイートより)
  • 「タコピーの原罪」を含むツイート数(リツイートを除く)

注目を集めたのは第4話

   「タコピーの原罪」は、タコピーと笑わない少女・しずかちゃんが出会う場面からはじまる。無垢で楽観的なタコピーは、子どもたちを笑顔にするために様々な「ハッピー道具」を持ち出す。しかし子供たちの抱える問題は深刻で、話数を重ねるごとに事態は泥沼化していく。ツイッターでは、その救いのない展開に注目が集まった。

   J-CASTニュースはSNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、「タコピーの原罪」を含むツイート数の推移を調べた。(リツイートは除く、2月25日以前のツイート数はサンプリング値)

   その結果、同作で最初に大きな注目が集まったのは21年12月31日0時に公開された第4話だった。タコピーがしずかちゃんをいじめる同級生・まりなちゃんを誤って殺してしまった回だ。最終ページではタイトルの「タコピーの原罪」という文字が画面いっぱいに描かれた。

   前3話までの公開日のツイート数は5000件に満たなかったが、第4話の公開日のツイート数は約1万4000件に跳ね上がった。深夜1時には「タコピーの原罪」が日本のツイッタートレンドの10位に浮上している。

   一緒にツイートされた形容詞は頻出順に「やばい」「面白い」「おもろい」「すごい」「重い」「怖い」。デフォルメな絵柄で深刻な展開を描くというギャップに驚く声も多く、ツイッターには「大晦日に読むんじゃなかったよ。面白いけど」「絵の可愛さと内容の重さとのギャップがすんごい」といった声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中