2022年 5月 28日 (土)

「このメンバーでは正直厳しい」 開幕から悪夢6連敗...救援陣崩壊の阪神は復活できるか

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   優勝候補と目された阪神の様子がおかしい。昨年の覇者・ヤクルトに球団史上初のホーム開幕戦3連敗を喫すると、広島にも敵地マツダスタジアムで3タテを食らって6連敗。12球団でまだ白星がないのは阪神だけだ。

  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野燿大監督(写真:アフロスポーツ)

新守護神ケラーが大誤算

   7点のリードから大逆転負けを喫した開幕戦がトンネルの始まりだった。

   プロ2年目で4番に抜擢された佐藤輝明の適時二塁打、チーム最年長40歳の糸井嘉男の1号右越え2ランを放つなど序盤から打線が爆発し、4回終了時点で8-1。阪神ファンで埋まったスタンドが活気づいたが、救援陣の乱調で暗転する。5点リードの8回から登板した斎藤友貴哉がサンタナに2ラン被弾するなど1イニングを投げ切れずに降板。岩崎優もヤクルト打線の勢いを止められず1点差に迫られる。

   抑えの新外国人・ケラーが9回に登板したが力不足だった。山田哲人にカーブで同点弾を浴びると、サンタナにも再びカーブを痛打されて勝ち越し2ランと救援失敗。8-10と屈辱の大逆転負けを喫した。

   ケラーは3月29日の広島戦(マツダ)でも1点リードの9回に登板したが、1死満塁のピンチを作って降板。逆転サヨナラ負けで守護神の座を剥奪された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中