2022年 5月 28日 (土)

「焦った」フロントガラスの吸盤で白煙が 注意すべき車の「収れん火災」...体験者明かす当時の状況

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   車のフロントガラスにお守りの吸盤を付けていたところ、突然ダッシュボードから煙が出て...。こんな動画がツイッターに投稿され、話題になっている。

   動画を見ると、あわや車両火災になりかねない危険な状況だった。消費者庁も、こうしたケースから起こる「収れん火災」について、サイト上などで注意を呼びかけている。

  • ダッシュボードから白い煙が…(にゃす@nyasufujiさん投稿の動画から)
    ダッシュボードから白い煙が…(にゃす@nyasufujiさん投稿の動画から)
  • ダッシュボードから白い煙が…(にゃす@nyasufujiさん投稿の動画から)

ケースの縁から白い煙がモクモクと上がり始め...

   お守りの吸盤がレンズのようになって、車のダッシュボードの上に置かれたケースの縁の1点に太陽光が集まっている。サングラスを収納したケースだ。

   すると、ケースの縁から白い煙がモクモクと上がり始める。そのまま放置したら、車両火災になりかねない状況だ。

   この8秒ほどの動画は、にゃすさん(@nyasufuji)が2022年3月30日にツイッターで投稿した。

   にゃすさんは、このツイートで「焦った」と明かす。この後、お守りの吸盤は、フロントガラスからすぐに外し、「降りる前に気が付いて良かった」「ほんと危なかった」と漏らしていた。

   にゃすさんにJ-CASTニュースが4月1日に聞いたところによると、このハプニングがあったのも3月30日で、吸盤はフロントガラス右下付近に付け、そのレンズ作用で光が当たった収納ケースのビニール部分に少し焦げ跡が残った。車を止めていたときに、煙が出ているのに気付いたため、スマートフォンで動画を撮影したという。

   吸盤などがレンズの作用をして物を発火させる現象は、「収れん火災」と呼ばれている。

   収れん火災は、鏡やガラス玉など様々な物から起こることが知られており、消費者庁は20年11月26日、「『収れん火災』に注意!」などとサイト上で呼びかけた。

   消費者庁では、国民生活センターと連携して関係機関から情報を収集する「事故情報データバンク」を2010年から運用している。このデータバンクによると、収れん火災については、20年9月までの10年間に関連情報が20件寄せられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中