2022年 5月 24日 (火)

巨人の新守護神・大勢の「不安要素」 能力は球界トップクラスも...懸念される右ヒジの故障歴

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   巨人の新守護神に指名されたドラフト1位右腕・大勢が鮮烈デビューだ。

   開幕の中日戦(東京ドーム)で2点リードの9回にプロ初登板。先頭打者の平田良介を自己最速タイの158キロの直球で空振り三振を仕留めたが、スライダー、フォークの制球に苦しみ直球を狙われた。4番・ビシエドに死球を与えて2死満塁と一打逆転の大ピンチを迎えたが、大勢は動揺しない。5番・木下拓哉を内角に食い込む156キロでバットを折り、投ゴロに仕留めて無失点で締めくくった。

  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
    原辰徳監督(写真:AP/アフロ)
  • 原辰徳監督(写真:AP/アフロ)

「球界を代表する右腕になる可能性」

   この快挙だけでも凄いのだが、連投した開幕2戦目は修正能力の高さを見せた。

   2点リードで打順も前夜と同じ並びだったが、平田良介、大島洋平を共にフォークで2者連続3球三振、岡林勇希を153キロ直球で中飛と3者凡退の危なげない内容だった。新人でプロ野球史上初の2試合連続セーブをマークした。続くヤクルトとの3連戦でも、危なげない投球で初戦・2戦目とセーブを記録している。

「直球の威力は巨人でトップでしょう。変化球もスライダー、フォークの精度が思った以上に高い。能力的には球界を代表する右腕になる可能性を十分に秘めています。

不安があるとすれば故障ですね。大勢は大学時代に度重なる右肘の故障で思うように投げられない期間が長かった。プロ野球のシーズンは長い。心身で疲労が来る時期は当然くる。その時に状態が悪いながらも抑え続けられるか。

新人の時に守護神として大活躍した山崎康晃(DeNA)、栗林良吏(広島)はこの能力が高かった。大勢も走者を出してもいいから、失点しなければいいというマインドで投げてほしい。内容まで毎回完ぺきを求める必要はないと思います」(スポーツ紙記者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中