2022年 5月 24日 (火)

「開幕いきなり炎上」は阪神ケラー以前にも... 「新助っ人クローザー」の失敗と成功を振り返る

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球・阪神タイガースの新助っ人、カイル・ケラー(28)は、開幕から抑えを任されたものの初登板から2戦連続で敗戦投手となり、2022年3月31日に2軍に降格した。

   ケラーのように、開幕クローザーに抜擢された新外国人投手が振るわなかったケースは少なくない。一方で、複数年に渡り抑えとして活躍し、球界に名を残した選手もいる。

  • パイレーツ時代のカイル・ケラー投手(写真:AP/アフロ)
    パイレーツ時代のカイル・ケラー投手(写真:AP/アフロ)
  • パイレーツ時代のカイル・ケラー投手(写真:AP/アフロ)

巨人ミセリは開幕炎上→解雇→浅草観光

   ケラーは昨オフに大リーグ・パイレーツから阪神に入団。最速157キロの速球とカーブを武器に、2年連続セーブ王で大リーグへ移籍したロベルト・スアレスの後釜になることが期待されていた。

   ただ、新型コロナウイルスの水際対策の影響で来日が遅れ、春季キャンプには参加できず。オープン戦では登板2試合にとどまったが、矢野燿大監督は開幕からクローザーに起用した。3月25日のヤクルトとの開幕戦では、8対7とリードしていた9回表に登板。しかし、先頭の山田哲人に同点ホームランを打たれると、その後ドミンゴ・サンタナに2ランホームランを打たれ逆転を許し、敗戦投手となった。

   続く3月29日の広島戦では9回裏2対1の場面で登板。しかし、持ち味のカーブを次々と痛打され、満塁になった場面で降板。その後、代わった投手が西川龍馬にサヨナラタイムリーを打たれ、2戦連続で敗戦投手となった。3月31日には一軍登録を抹消された。

   矢野監督の期待に応えられなかったケラー。ただ、開幕から抑えを任された新助っ人が、いきなり派手に炎上してしまうケースは少なくない。

   04年に近鉄に入団したヘクター・カラスコは、3月28日の開幕戦こそ無失点に抑えるも、登板2試合目の3月30日・ロッテ戦では9回表に連続ホームランを打たれ逆転負け。4月11日の西武戦では9回裏2点リードから満塁ホームランを浴びるなど6失点し、敗戦投手になった。その後の試合でも不調が続き、クローザーながら4月終了時点で5敗を喫していた。

   大リーグ579試合登板という実績で05年に巨人に入団したダン・ミセリは、オープン戦から不調だったものの堀内恒夫監督(当時)が開幕抑えに起用。しかし、4月1日の広島との開幕戦では9回表1点リードの場面でグレッグ・ラロッカに同点本塁打、緒方孝市に勝ち越しホームランを打たれ敗戦投手に。4月5日の横浜戦では12回同点の場面で多村仁にサヨナラタイムリーを打たれた。その後も結果を残せず、開幕から1か月経たないうちにチームを解雇された。解雇直後には夫人と浅草観光をする様子が報じられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中