2022年 5月 28日 (土)

西武・森友哉「マスク投げ骨折」にOB持論 「交代にキレた」説は否定「そんなのは全然ない」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球西武、巨人で活躍した野球解説者のデーブ大久保氏(55)が2022年4月4日にユーチューブチャンネルを更新し、右人差し指を負傷した西武・森友哉捕手(26)について言及した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

「翌日は違うキャッチャーを入れる予定だったと思う」

   動画は「森友哉捕手のマスク投げについて解説します」とのタイトルで公開され、大久保氏が現役時代の経験を踏まえて森が負傷した経緯などを解説した。

   スポーツ紙などの報道によると、4月2日のロッテ戦で先発マスクをかぶった森は8回の守備からベンチに退き、ロッカーでマスクを投げた動作に起因して負傷。千葉県内の病院で検査した結果「右示指(人差し指)基節骨骨折」と診断され、3日に出場選手登録を抹消された。

   森がマスクを投げた行為について西武ファンの知人から「交代させられたことに怒ったのか?」との質問を受けたという大久保氏は「そんなのは全然ない」と真っ向から否定し、次のように説明した。

「翌日は違うキャッチャーを入れる予定だったと思います。だから翌日入れるキャッチャーを1イニングでも守らせておくというのは明日へ向かって大事なこと。その中で森友哉がタイミング悪く大量失点してしまった」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中