2022年 5月 20日 (金)

中田翔はこのまま終わってしまうのか 打撃不振でレギュラー剥奪危機...「中島の方が脅威」の声も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   巨人・中田翔が早くもレギュラー剥奪の危機を迎えている。

   2022年4月13日の試合前で、打率.204、2本塁打、8打点。得点圏打率.143。勝負所での凡打が目立ち、4月10日のヤクルト戦(東京ドーム)からスタメン落ち。代わって一塁でスタメン出場したチーム最年長39歳の中島宏之が気を吐いている。

  • 中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔のインスタグラム(@shonakata_official)より
    中田翔のインスタグラム(@shonakata_official)より
  • 中田翔(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔のインスタグラム(@shonakata_official)より

このままだと「レギュラー定着は難しい」

   10日のヤクルト戦では5回にセンターへ二塁打を放つと、12日のDeNA戦(那覇)でも4回にもフェンス直撃の2点中越え適時二塁打をマーク。続くウォーカーの右前適時打で本塁生還の激走を見せ、チームの勝利に大きく貢献した。

「中島は打撃フォームを改造してミートに特化した印象でしたが、昨年の終盤から直球もきっちりはじき返して長打が出るようになっている。
4番・岡本和真の後で走者を還すポイントゲッターとしては、中田より中島の方が脅威ですね。ただ年齢を考えると、中島を常時スタメンで出場させるのは厳しい。首脳陣は勝負所で代打の切り札として起用したいという思惑があると思います。
中田は4打席出て結果を出すタイプなので、代打の適性はない。一塁の守備能力が高いですが、打ってナンボなのでスタメンで結果を出せないようだとレギュラー定着は難しいと思います」(他球団のスコアラー)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中