2022年 5月 27日 (金)

「ナチス式敬礼」15歳ロシア人レーサーにさらなる処分 現地クラブが怒りの声明、ライセンス剥奪を発表

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

    ポルトガルで行われた欧州カート選手権の表彰式での振る舞いが物議をかもしたロシア出身アルテム・セベリューヒン(15)が、モータースポーツライセンスをはく奪されたと、2022年4月12日に複数の海外メディアが報じた。

  • 国際自動車連盟公式サイトより
    国際自動車連盟公式サイトより
  • 国際自動車連盟公式サイトより

「人間性、尊厳、市民の共存にも敬意を払っていない」

    同選手権で優勝したセベリューヒンは表彰台で胸を2度叩き、腕をまっすぐ伸ばすジェスチャーをした。その後、表彰台で大爆笑した。

    国際自動車連盟(FIA)はナチス式敬礼を連想させるような行為を問題視し、公式サイトで調査を開始するとの声明を出し、複数の海外メディアはセベリューヒンが所属していたワードレーシングが契約を解除したと伝えた。

    米専門メディア「motorsport.com」(WEB版)は、イタリア自動車クラブ(ACI)は4月12日にセベリューヒンが保持していたイタリアのモータースポーツライセンスをはく奪したことを発表したと報じた。

    記事によると、ACIは声明文の中で「セベリューヒンは、常にあらゆるスポーツに影響を与えてきた普遍的な価値観だけでなく、人間性、尊厳、市民の共存にも敬意を払っていない」などの見解を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中