2022年 5月 17日 (火)

「お前もクソ」「二度と顔見せんな」 鈴木砂羽が映画監督から受けた「罵倒」の数々

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   俳優の鈴木砂羽さん(49)は芸能界で性加害報道が相次いでいることについて、2022年4月12日にnoteで、過去に映画監督から罵倒を受けていたことを明かした。

   鈴木さんは「長いモノに巻かれてやり過ごす時代は終わった」と芸能界の体質改善を訴えている。

  • 鈴木砂羽さん(写真:AFLO)
    鈴木砂羽さん(写真:AFLO)
  • 鈴木砂羽さん(写真:AFLO)

「ナメんじゃねーぞ」鈴木さんも反論

   鈴木さんは「無性に書きたくなって。」というタイトルの記事で、十数年前に映画の試写会に行った際、監督と映画プロデューサーと会食したときのエピソードを明かした。監督の名前は明かしていない。

   映画の内容には「さほど心を動かされなかった」という鈴木さん。監督から試写の感想を求められると、言葉を選びつつ「正直に思ったことを口にした」という。すると、気分を害した監督が自分の功績を語り出し、さらにこんな言葉を鈴木さんに投げかけたとした。

「君はお父さんが芸術家なんか知らないけど勘違いしてない?」
「あんなテレビの延長映画みたいな作品に出てイイ気になってる」
「〇〇監督はクソだ、あんな作品に出てるお前もクソ」

   また、監督は「そのうちに以前付き合っていた?という女優の名前を出し、自分の元を去っていった女優がいかに売れたのは自分の功績だと言う事を語り出した」という。監督はその後も「出てけ。お前みたいな女優は二度と顔見せんな」と鈴木さんを怒鳴り、最終的には鈴木さんも「ナメんじゃねーぞ」と言い捨て、その場を去ったとした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中