2022年 5月 20日 (金)

「今まで見た吉田輝星で一番良かった」 圧巻リリーフ&気迫ダイビングをOB絶賛「躍動してたね」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏が2022年4月13日にユーチューブチャンネルを更新し、日ハム・吉田輝星投手(21)の気迫あふれるプレーを称賛した。

   吉田は13日の西武戦(ベルーナドーム)で2番手として4点ビハインドの4回からマウンドに上がり、2イニングをパーフェクトに抑え先発復帰に向けて存在感を示した。

  • 吉田輝星投手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
    吉田輝星投手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)
  • 吉田輝星投手(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

「今まで見た吉田輝星で一番良かった」

   マウンドで躍動した吉田は守備でもチームに貢献した。

   5回1死走者なしの場面で、西武・岸潤一郎外野手(25)が止めたバットに当たった打球は1塁ゴロに。これを1塁・清宮幸太郎(22)がグラブで弾くと、ベースカバーに入った吉田がキャッチ。吉田は倒れ込むようにして1塁に向かい、最後はグランドをはいつくばるようにしてグラブをベースに伸ばした。

   続く3番オグレディ外野手(29)に対しては全球ストレート勝負を挑み、フルカウントから148キロのストレートで空振り三振を奪った。

   岩本氏は「今まで見た吉田輝星で一番良かった」と、この日の投球を高く評価し「この言葉は、彼はプロに入ってずっと成長を続ける中で当然、毎回見るたび見るたび吉田輝星史上最高であってもおかしくない」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中