2022年 5月 24日 (火)

大谷翔平に「失望している」...韓国で辛辣報道 ゲレーロJrと比較「序盤の温度差くっきり」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   打撃不振が続いている大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(27)を韓国メディアが辛辣に評している。

   韓国メディア「東亜ドットコム」(WEB版)は2022年4月14日に大谷の特集記事を組み、昨季大谷と本塁打王争いを演じたブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr内野手(23)と今季成績を比較しながら開幕からの打撃について分析した。

  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

ゲレーロJrは「モンスターシーズンを告げた」

   記事は「『OPS .360vs4ホームラン』大谷、ゲレーロJr 序盤の温度差くっきり」などのタイトルで公開された。

   記事では大谷が14日時点で6試合に出場し打率.160、本塁打、打点ともになく2得点4安打で、出塁率と長打率を足したOPSは.360にとどまっているとし、一方のゲレーロJrは6試合で打率.391、4本塁打、8打点6得点9安打、OPSは1.373を記録しているとした。

   そしてゲレーロJrは14日のヤンキース戦で3本のホームランを放ち「モンスターシーズン」を告げたと解説。対照的に大谷はここまで打席で力を発揮することが出来ず、特有の本塁打がまだ出ていないとした。

   また、記事の中では「大谷は昨年見せた打撃を考慮すれば、次の試合にもすぐにマルチホームランを記録してもおかしくはないが、シーズン序盤の姿には失望している」と辛辣に評し、「両者の激しい戦いがいつ繰り広げられるか注目される」と締めくくっている。

   大谷は4月14日(日本時間15日)に敵地グローブライフ・フィールドで行われたレンジャーズ戦に「1番・投手兼DH」で出場。投手としては2点リードの2回に満塁弾を浴び、4回途中6失点で今季2敗目を喫した。

   打撃では初回と7回に見逃し三振で倒れるも、9回に4試合連続安打となる2塁打を放った。この日は4打数1安打1四球で、期待された一発は出ず開幕から30打席ノーアーチとなった。チームは5-10で敗れた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中