2022年 5月 19日 (木)

吉野家取締役「生娘をシャブ漬け戦略」発言、招聘した早稲田大が謝罪 「性差別・人権侵害にあたる」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   吉野家の常務取締役企画本部長が、自社のマーケティング活動を「生娘をシャブ漬け戦略」と例えた問題で、発言があった講座を主催した早稲田大は2022年4月18日、「講座主催者として深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

  • 写真:西村尚己/アフロ
    写真:西村尚己/アフロ
  • 写真:西村尚己/アフロ

「田舎から出てきた...」

   問題の発言は16日、早稲田大の社会人向けのマーケティング講座(計29回、受講料38万5000円)の初回授業で飛び出した。

   受講生のSNS投稿によれば、取締役は自社の若年女性向けマーケティングを「生娘をシャブ漬け戦略」と発言し、「田舎から出てきた右も左も分からない若い女の子を無垢・生娘な内に牛丼中毒にする。男に高い飯を奢って貰えるようになれば、絶対に食べない」とも話していたという。

   吉野家は18日に「極めて不適切であり、人権・ジェンダー問題の観点からも到底許容できるものではありません」との見解を発表し、謝罪した。

   早稲田大広報課は取材に対し、「登壇した講師の発言の一部に性差別・人権侵害にあたる不適切な発言がございました」と認め、「同日の講義終了後、本学社会人教育事業室責任者より受講者の皆様に対し、講義の中で不適切な表現があったことに対するお詫びを、その場でお伝えいたしました」とした。

「今回の不適切発言は、SNSや報道等で多くの方の知るところとなり、不快な思いをされたと承知しております。講座主催者として深くお詫び申し上げます。本学としましては、コンプライアンス遵守に鑑み登壇する講師への事前の注意喚起を改めて徹底し、再発防止に努めて参ります」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中