2022年 5月 23日 (月)

佐々木朗希の「進化」に韓国メディア驚愕 「大谷翔平ともう1人の怪物」WBC向け警戒モード

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球ロッテの佐々木朗希投手(20)の2試合連続「完全投球」を複数の韓国メディアが特集記事を組んで報じた。

   佐々木は2022年4月17日の対日ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)に先発し8回まで打者24人に対して14個の三振を奪った。球数が100球を超えたこともあり9回のマウンドには上がらず、10日のオリックス戦に続く2試合連続の完全試合はならなかった。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

佐々木は「パーフェクトモンスター」

   野球界で長年のライバルにあたる韓国では複数のメディアが佐々木の快投を速報で伝えた。

   韓国メディア「スポーツ朝鮮」(WEB版)は、「佐々木朗希、2試合連続パーフェクト目前の9回交代 第2のカーショー?」とのタイトルで4月17日に記事を公開した。

   記事では、佐々木が8回を14奪三振、無安打無失点で抑えたものの、ロッテはあえて冒険を選択しなかったと指摘。そして大リーグドジャースのクレイトン・カーショウ投手(34)も7回までパーフェクトピッチングをしたが8回に交代したと伝えた。

   カーショウは4月13日の敵地で行われたツインズ戦で今季初先発。7回を投げて13個の三振を奪うなどパーフェクトに抑えていたが、8回のマウンドに上がることなく7回80球で降板した。MLB公式サイトによると、カーショウは7回降板について「正しい選択だったと思う」と語っている。

   韓国の主要メディア「東亜日報」(WEB版)は、2試合連続で「完全投球」をした佐々木を「パーフェクトモンスター」と称し、「日本で最も熱い野球選手を超えて日本で最も熱い人物だと言っても過言ではない」と手放しで称賛した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中