2022年 5月 21日 (土)

「コロナは風邪」発言理由に舞台を大量降板 当事者が続々暴露も...団体が否定「都合が良すぎる」

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   演劇のプロデュース・制作などを手がける団体Aznet Produceは2022年4月18日、舞台「エンリ帝国戦記~叙事詩オモイカネ~」のキャスト13人が降板すると発表した。団内で新型コロナウイルスの陽性者が複数出ているという。

   降板した複数のキャストが同日、ツイッターに経緯を投稿しており、「コロナが風邪だと思えるキャストだけ残ってください」という団体からの言葉が決断の大きな理由になったとしている。一方、団体側はこうした発言があったことを「事実と違う」と否定した。

  • 「Aznet Produce」公式サイトより
    「Aznet Produce」公式サイトより
  • 「Aznet Produce」公式サイトより

コロナ感染の経緯を公表

   Aznet Produceは、舞台のプロデュースを立花和紗氏が、作・演出を神話作家の輪島貴史氏が手掛ける団体だ。「エンリ帝国戦記~叙事詩オモイカネ~」は4月20日~24日にかけ、全10公演を予定していた。

   初日の2日前となった18日、同団体は立花氏の名前で「Aznet Produce劇場公演『エンリ帝国戦記~叙事詩オモイカネ~』上演スケジュールの変更及び出演キャストの変更についてのお知らせです」と詳しい経緯を記した文書をツイッターに投稿した。

   変更理由については「新型コロナウイルスの影響」としている。「叙事詩オモイカネ編」「毒王の儀編」の2作品が上演される予定だった作品を「毒王の儀編」のみとして、土日に限り公演を行うという。

   上演方法についても、有観客・完全無観客の配信のみで行うのかは協議中であるとして、結論が出次第、報告する予定だとした。この変更に伴い予約は配信予約も含め全てキャンセルとし、公演の詳細が決まり次第、再度予約を受け付ける。

   大幅な変更が出た理由については、経緯を以下のように伝えている。

「5日(火)より稽古を開始。
 10日(日)の朝にキャストの1名から体調不良の連絡を頂き、日曜日の稽古は一旦中止しリモートに切り替え全員PCR検査を受けて頂きました。
 その際にキャスト2名が陽性となり(無症状)15日(金)まで自宅会議、ZOOMにて稽古に参加。(医師の判断を経て16日(土)より現場復帰)
 また、演出の輪島にも咳の症状が見られましたが、PCR検査の結果は陰性でした。(念の為輪島は16日(土)までリモートで参加。17日(日)より現場復帰)
 11日(月)12日(火)は全員ZOOMにてリモート稽古。
 13日(水)に通し稽古を行うため、PCR検査で陰性だったメンバーは稽古場にて稽古を行う。
 14日(木)の朝に追加でキャスト1名より体調不良の連絡を受ける。潜伏期間中だとPCR検査は陰性になってしまうため時間をおいての発症だと思われます。→15日(金)にコロナ陽性を確認
 15日(金)の稽古中、キャスト1名が咳が止まらず喘息の発作のような症状で呼吸がままならない状態であったため救急車を予備病院に搬送。元々持病で喘息を持っていた上で、稽古中叫ぶシーンがあったり、稽古場が埃っぽいということも要因として考えられます。PCR検査を受け、現在結果を待っている状態。
 17日(日)お昼頃キャスト1名から微熱、吐き気などの症状で病院へ行くという報告を受ける。医師の診断は風邪と胃炎とのことでしたが、念の為PCR検査を受け、現在結果を待っている状態」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中