2022年 5月 22日 (日)

佐々木朗希が「壊れてからでは、遅いのです」 吉井理人氏が8回降板を支持、にじむ若手故障の後悔

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元プロ野球選手で現在はロッテのピッチングコーディネーターを務める吉井理人氏(56)が2022年4月18日にブログを更新し、17日の日本ハム戦でパーフェクトピッチングを継続していたロッテ・佐々木朗希投手(20)を8回で交代させた采配を支持した。

  • 2試合連続完全試合目前でマウンドを降りた采配が議論を呼んだ(2019年撮影/写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    2試合連続完全試合目前でマウンドを降りた采配が議論を呼んだ(2019年撮影/写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 2試合連続完全試合目前でマウンドを降りた采配が議論を呼んだ(2019年撮影/写真:YONHAP NEWS/アフロ)

佐々木は「見習い投手」

   吉井氏は2019年から21年までの3年間ロッテ一軍投手コーチを務めている。20年に佐々木が入団すると、実戦登板をさせずに一軍に帯同したままトレーニングを積ませる育成方針を実行した。

   17日の試合で8回まで日本ハム打線を102球パーフェクトに抑えていた佐々木の投球を「今回もすごかったです。前回より、質の悪い直球を投げる割合が多かったが、しっかりまとめてきました。投げるボールもすごいが、ゲームプランもしっかりできる投手です」と評価した。

   しかし交代については、「マリーンズベンチもよく8回で降板させました。(6回で代えてほしかったけど)」とつづり、「ついつい目先の勝利や記録にとらわれ、選手に無理をさせてしまうことがあるのですが、良い判断だったと思います」と2試合連続完全試合達成目前で交代させた首脳陣の決断を支持した。

   佐々木は吉井氏のコーチ時代の20年には実戦登板せず、21年は中10日以上の登板間隔を保ち、11試合で63.1イニングを投げている。「佐々木は1年間フルに戦ったことのない見習い投手です。(もはや見習いとは言えない実力だが)壊れてからでは、遅いのです」と佐々木に無理をさせない起用法を望んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中