2022年 5月 19日 (木)

衆院選「362万の立憲民主党に投票したい方が『民主党』と書いた」 国民との案分票大量発生も泉代表主張

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   立憲民主党が2021年秋の衆院選に続いて22年夏の参院選も「民主党」を比例代表の略称として総務省に届け出る方針を決めたことについて、泉健太代表が4月22日の記者会見で、改めて理由を説明した。

   泉氏は、衆院選では「362万票の立憲民主党に投票したいという方が民主党と書いた経過」があると説明。「民主党」と書かれた票の大半が立憲を念頭に置いたものだったと主張した。「民主党」が目立つ旧ロゴの構成を挙げながら、「ぱっと見で『民主党』という打ち出し方は2017年以降もそれなりにしてきた」として、「立憲民主党の略称が民主党だというふうに認識をしている方も一定層おられるから、前回はそれだけの票が出た」とも述べた。

  • 定例会見に臨む立憲民主党の泉健太代表(写真は立憲民主党配信の動画から)
    定例会見に臨む立憲民主党の泉健太代表(写真は立憲民主党配信の動画から)
  • 2019年参院選のポスターには立憲民主党の旧ロゴが使われていた。「立憲」よりも「民主党」が大きくなっている(19年6月撮影)
    2019年参院選のポスターには立憲民主党の旧ロゴが使われていた。「立憲」よりも「民主党」が大きくなっている(19年6月撮影)
  • 定例会見に臨む立憲民主党の泉健太代表(写真は立憲民主党配信の動画から)
  • 2019年参院選のポスターには立憲民主党の旧ロゴが使われていた。「立憲」よりも「民主党」が大きくなっている(19年6月撮影)

神奈川県連からは「民主党」方針に異論

   前回19年参院選では、立憲が「りっけん」、国民民主が「民主党」の略称を届け出ていたが、21年衆院選では立憲も「民主党」を届け出たため、大量の案分票が発生した。21年の衆院選の比例代表では「民主党」と書かれた票は362万6320票にのぼり、立憲に295万8201.722票、国民民主には66万8116.241票が割り振られた。その結果、立憲は比例で1149万2094.722票、国民民主は259万3396.241票を獲得。両党とも、案分票の割合は25%を超えた。

   こういった事態が繰り返されることで、引き続き有権者に混乱を招くことは必至。4月19に開かれた党の会議でも、神奈川県連から異論が出ている。

   泉氏は、21年の総選挙でも「立憲」や「りっけん」にしていれば「今のような問題は起きていない」とする一方で、

「しかし、様々な経緯の中で、前回『民主党』という略称になって戦った結果、362万票の立憲民主党に投票したいという方が民主党と書いた経過があって...」

などと発言。362万票の「民主党」票は、「立憲民主党に投票したいという方」によるものだったとの見方を示した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中