2022年 5月 27日 (金)

競輪発走直後によろけて衝突、約3秒で中止の珍事 「本人はやむを得ない状況」...一体何が起きたのか

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   高知競輪場で2022年4月21日に開催されたレースが、発走直後の衝突事故により約3秒で中止となった。ネット上では「なかなか無いレースの中止例」などと話題を呼んでいる。詳しい経緯を聞いた。

  • YouTubeチャンネル「高知競輪ちゃんねる【公式】」の2022年4月21日の動画より
    YouTubeチャンネル「高知競輪ちゃんねる【公式】」の2022年4月21日の動画より
  • YouTubeチャンネル「高知競輪ちゃんねる【公式】」の2022年4月21日の動画より

「なかなか無いレースの中止例だな...」

   注目を集めているのは、21日に開催された「第11回松村憲・松村信定土佐の親子鷹杯・報知新聞創刊150周年記念 第20回スポーツ報知杯争奪戦(FI)」の第1レース(A級一般、先頭固定1500メートル)での出来事だ。

   当日の様子は高知競輪の公式YouTubeチャンネルでもライブ配信されている。

   7人の選手が号砲とともに発走機から飛び出す。外枠の7番・藤原悠斗選手がペダルを一漕ぎすると、出遅れた6番の選手を追い越し、内側を走る5番・高橋佑輔選手へ急速に近づく。そのまま横から突っ込むように衝突。

   体を弾かれた高橋選手は転倒、落車してしまう。レース中断の号砲が鳴るまで約3秒間だった。

   一連の映像は同日、ツイッターでも拡散され、「なんしてんのまじで!笑」「なかなか無いレースの中止例だな...」などと驚くような反応が上がっている。

   高知競輪場の競技副委員長は22日、J-CASTニュースの取材に対して「原因は雨」だと答えた。レース前に雨が降り出し、コースが濡れた状態だったという。また当時の状況を、

「ペダルを踏み込む際に、藤原選手が滑ったというか車輪が空回りした。バランスを崩して内側によろけて、5番選手と接触した」

と説明し、「多分スリップしたのだと思う」とも述べる。

   発走線から25メートルラインまでに問題が生じた場合は再発走となる。当該レースも一旦は再発走の場内アナウンスがされたものの、最終的には「5番選手の欠場に伴い、公正な競技の実施が困難であると判断されます」と中止になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中