2022年 5月 24日 (火)

マイク・タイソンは「もっと自制すべきだった」 流血騒動、被害者が「弁護士雇った」と米国報道

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

    プロボクシングの元世界ヘビー級統一王者マイク・タイソン氏(米国、55)が航空機内で男性客を殴打した一件について、米メディア「TMZスポーツ」(WEB版)は2022年4月22日、被害者男性が弁護士を雇い訴訟を起こす可能性について言及した。

  • マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)
    マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)
  • マイク・タイソン氏(写真:AFP/アフロ)

「客室乗務員に苦情を申し入れるだけで回避できた」

    タイソン氏は21日に米カリフォルニア州サンフランシスコからフロリダ州マイアミに向かう機内で、乗り合わせた男性とトラブルを起こした。

    複数の海外メディアによると、タイソン氏の後部座席に居合わせた男性客がしつこく絡み、タイソン氏が落ち着くよう諭すも男性客は聞く耳を持たず絡み続けたという。男性客の行為に怒りを抑えきれなかったタイソン氏は何度も男性客を殴打。この映像がSNSで拡散し物議をかもした。

    TMZスポーツは「マイク・タイソンに殴打された被害者が弁護士を雇った」などのタイトルで記事を公開し、この事実は訴訟がそう遠くないことを示唆していると伝えた。

    被害者の弁護士はTMZスポーツの取材に対して「タイソン氏は過度に興奮したファンに興奮して攻撃をし始めた。これは客室乗務員に苦情を申し入れるだけで回避できたはずだ」と主張した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中