2022年 5月 25日 (水)

巨人ウォーカーが抱える「弱肩問題」 中継への送球も2バウンド...外野守備にフリーパスの懸念

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   首位を快走する巨人で、期待以上の働きぶりを見せているのが新外国人のアダム・ウォーカーだ。

   2022年4月17日の阪神戦(甲子園)では、1点を追う4回に左中間へ来日アーチとなる逆転3ラン。負ければ最下位・阪神に同一カード3連敗の危機だったが、値千金の決勝打を放つと、その後も好調をキープする。

  • 巨人・原辰徳監督はウォーカーの守備を我慢できるか(写真:AP/アフロ)
    巨人・原辰徳監督はウォーカーの守備を我慢できるか(写真:AP/アフロ)
  • 巨人・原辰徳監督はウォーカーの守備を我慢できるか(写真:AP/アフロ)

打撃面では「大化けする可能性を秘めている」

   22日からの中日3連戦(バンテリンドーム)では3試合連続マルチ安打の大当たりで、24日の同戦では3回に逆方向の右中間へ2ランを放った。広いバンテリンドームで逆方向への本塁打はなかなか見られない。驚愕の一撃に、三塁ベンチで岡本和真らナインは驚きの表情を浮かべていた。

「ウォーカーは独立リーグで20、21年と2年連続リーグMVPに輝きましたが、メジャー経験がない。粗削りで変化球への対応を懸念されたが思った以上に対応力が高いです。ミートすれば球界屈指の飛距離でスタンドに届く。日本球界で大化けする可能性を秘めています」(スポーツ紙デスク)

   メジャー経験がなく、日本で大ブレークした外国人選手は過去にもいる。

   ロッテ、大洋、ヤクルトで計10年間プレーしたレオン・リーは通算打率.308、268本塁打をマーク。阪急の黄金時代を支えたボビー・マルカーノはヤクルトでもプレーし、計11年間で打率.287、232本塁打と勝負強い巧打者として活躍した。横浜、中日に在籍したタイロン・ウッズも3度の本塁打王、1度の打点王を獲得。計6年間で通算240本塁打と長距離砲として他球団を震わせた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中