2022年 5月 21日 (土)

「えっ、こんなこと?」白井球審の佐々木朗希詰め寄り、田尾安志氏が疑問 「過敏すぎる」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   プロ野球楽天の元監督で野球解説者の田尾安志氏(68)が2022年4月25日にユーチューブチャンネルを更新し、24日のオリックス対ロッテ戦で白井一行球審(44)がロッテ佐々木朗希投手(20)に詰め寄ったことを受け、理想の審判像について語った。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「これぐらいのことで審判が怒ったのは見たことない」

   インターネットで物議をかもしたのはロッテ3点リードの2回。2死1塁の場面で佐々木が投じた外角ストレートがボール判定に。この間に1塁走者が盗塁を決め、直後に白井球審がマウンドに向かって行った。

   田尾氏は冒頭で白井球審がマウンドに詰め寄った場面を振り返りながら、18歳の松川虎生捕手が球審をなだめるような行動をとったことに触れ、「確かに神対応したな。普通であればなかなか18歳のキャッチャーがそういう態度を取れない。彼は大したものだなと思って見ておりました」と高く評価した。

   佐々木が投じた球やその後の表情、そして白井球審が取った行動を映像で確認したという田尾氏は「それで思ったことは『えっ、こんなこと?』です。これが本音です」とストレートに表現し、「皆さんの考えは色々あるでしょうけども僕はプロ野球界でずっとやってきて、これぐらいのことで審判が怒ったのは見たことがない」と驚きを隠さなかった。

   さらに「あんな佐々木君の態度に噛みついていたらキリがない」と指摘し、「佐々木君のあの態度、全然どうということはないと思いました。あれをいちいち審判を侮辱したような感じに受けたのであれば、これはちょっと過敏すぎるなという気がしますね」との感想を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中