2022年 5月 28日 (土)

「いったん、しおりを挟みます。」一時閉店・三省堂本店の粋なコピーが話題 込めた思いを聞いた

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「いったん、しおりを挟みます。」

   ビルの建て替えのため2022年5月8日に一時閉店する三省堂書店・神保町本店(東京都千代田区)。閉店を前に、4月25日から掲げている懸垂幕のメッセージが「粋なコピー」だとツイッター上で話題を呼んでいる。

   「神保町のランドマーク」として多くの人に愛されてきた同店。言葉に込めた思いとは。

  • 「いったん、しおりを挟みます。」一時閉店の三省堂書店神保町本店の懸垂幕が話題
    「いったん、しおりを挟みます。」一時閉店の三省堂書店神保町本店の懸垂幕が話題
  • 店頭で配布している「しおり」。裏面には三省堂書店のメッセージが書かれている
    店頭で配布している「しおり」。裏面には三省堂書店のメッセージが書かれている
  • 「いったん、しおりを挟みます。」一時閉店の三省堂書店神保町本店の懸垂幕が話題
  • 店頭で配布している「しおり」。裏面には三省堂書店のメッセージが書かれている

「素敵だ」「なんというセンス...」

   三省堂書店は1881年に古書店として神保町で創業。現在の神保町本店のビルは、創業100周年を記念し1981年に建てられた。屋上に赤い「三省堂」のネオンが光る8階建てのビルは、学生街、古書店街として知られる神保町のランドマークだった。

   しかし、築約40年を超えるビルは老朽化が進み、21年9月にビルの建て替えと書店の一時閉店が発表された。当時、ツイッター上では「うそでしょ」「衝撃的すぎて言葉ない」と話題になった。

   店舗は22年3月下旬に閉店予定だったが、その後5月8日に延期。3月からは人気漫画「名探偵コナン」の主人公・江戸川コナンと「ONE PIECE(ワンピース)」の主人公・モンキー・D・ルフィが「神保町にありがとう」と感謝を告げる懸垂幕が掲出され、話題になった。

   そして、閉店を直前に控えた4月25日から掲出されているのは、本に挟む「しおり」の形をした懸垂幕だ。幕には「いったん、しおりを挟みます。」と、同店の一時閉店を「しおり」に例えたコピーが記載されている。

   掲出直後から幕の写真がツイッター上で拡散され、「素敵だ」「なんというセンス...」「粋なコピー」「カッコいい」と話題を呼んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中