2022年 5月 21日 (土)

謝罪会見で「赤いネクタイはない」 知床遊覧船社長を茂木健一郎が批判「この人の本質はここ」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   脳科学者の茂木健一郎氏が2022年4月28日に公開したYouTube動画で、北海道・知床半島沖で観光船「KAZU1(カズワン)」が行方不明になった事故をめぐる謝罪会見で、運航会社「知床遊覧船」の桂田精一社長が赤いネクタイを着用していたことに疑問を呈した。

  • 茂木健一郎氏
    茂木健一郎氏
  • 茂木健一郎氏

「普通赤というのはお祝いの時とか、生命力とかを表す」

   茂木氏は、「知床観光船の社長は謝罪会見て?なせ?赤いネクタイをしていたのか」と題した動画を公開し、「知床で起こった船の事故、本当にもう悲惨で悲しすぎますよね」と切り出した。

   茂木氏は、桂田社長が謝罪会見で紺のスーツに濃い赤のネクタイを締めていたことに疑問を感じたという。

「社長が昨日記者会見してたんですけど、陶芸家の方みたいなんですが。みんな思ったと思うんですよ、『赤いネクタイはないだろう』って。『どういうこと?』って」

   一般的に赤色の持つイメージは謝罪会見の場にそぐわないとした。

「色についていろんな考え方があると思うんですけど、普通赤というのはお祝いの時とか、生命力とかを表すわけで。(謝罪会見に)赤のネクタイはないだろうと思うわけじゃないですか」

   茂木氏は、謝罪会見での様子を踏まえ社長について分析した。

「そこから結論付けられることは、あの社長は非典型的ってことで、悪意があったわけじゃなくて、そういうことに気づかない非典型的なところがある人なんだろうと思うんです。陶芸家をされてたみたいですが、強欲の末にあの会社は潰れるでしょうし、本当に残念な結果になったと思う」

   茂木氏は「ユニークさは大事だと思う」としつつも、「ただ人の命に関わることでそういうことをやってはいけない。人の命に関わることでは、ルールとか確立されたプロトコルに従う必要があると思う」と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中