2022年 5月 19日 (木)

韓国の観光調査で「日本の人気」浮き彫りに 「行きたい海外旅行先」トップは日本、韓国は2位

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   韓国の政府関連機関が「コロナ後」の韓国旅行の需要がどう変化するかを探ろうと21か国・地域でオンライン調査を行ったところ、思わぬ形で観光地としての日本に対する期待感が表れた。

   調査では「3年以内に最初に海外旅行に行きたい場所」について聞いており、最も多かったのが日本で、韓国は2位だった。特にアジア地域での人気の高さが際立った。

  • ソウル中心部の明洞(ミョンドン)の「コロナ前」の様子。かつては日本人観光客も多かった
    ソウル中心部の明洞(ミョンドン)の「コロナ前」の様子。かつては日本人観光客も多かった
  • ソウル中心部の明洞(ミョンドン)の「コロナ前」の様子。かつては日本人観光客も多かった

「Kコンテンツの世界的な人気が肯定的な影響」

   調査は、文化体育観光省と韓国観光公社が行った「2021潜在訪韓旅行客調査」。「海外旅行の意向や経験に関係なく、主要訪韓国21か国に居住する満15歳以上の男女3万800人」に対して、21年7月と12月の2回にわたってオンラインで行われた。その結果が22年4月26日に発表された。

   回答した人のうち、海外旅行の経験がある人は71.7%で、今後3年以内(24年まで)に海外旅行をする意向があると答えた人は72.8%にのぼった。この72.8%の人に「海外旅行のための前提条件」を聞いたところ、「訪問先が新型コロナの状況が安全だと思われるとき」(30.6%)、「WHOなど公的機関が新型コロナの終息宣言をするとき」(24.1%)といった回答が多かった。

   回答した人のうち、韓国旅行をしたことがあるのは19.4%。3年以内に韓国旅行をする意向があると答えたのは47.0%だった。行きたい理由を聞いたところ、最も多かったのが「文化・体験など楽しめることが多いから」(15.1%)だった。「文化・体験」にはK-POPも含まれており、発表資料では

「BTS、イカゲームなど最近、Kコンテンツの世界的な人気が韓国を観光目的地として考慮するのに肯定的な影響を及ぼしたことが確認された」

と説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中