2022年 5月 18日 (水)

「ちむどんどん」盛り上がりはこれから? 識者が分析した「物足りなさ」の理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   「ちむどんどん、全然ちむどんどんしない」――こんなツイートが相次いでいる。NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に対してのものだ。

   ちむどんどんは、沖縄方言で「ワクワクする」という意味。それが「全然ない」ということは、つまり......。

  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
    黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)
  • 黒島結菜さん(写真:2019 TIFF/アフロ)

「何もかもまだちむどんどんしない」

   同作は朝ドラの106作目として2022年4月11日から放送を開始。舞台は返還前の沖縄で、11日から2週間にわたって子役が出演する幼少期編が放送されたあと、25日からは主演の黒島結菜さん(25)が本格的に登場し、1971年の様子が描かれている。

   ドラマは現在、第3週が終わったところ。内容は、黒島さん演じる主人公・比嘉暢子が、高校卒業を控えて就職先が沖縄県内の商事会社に内定するも、希望する営業担当者としてではなく、お茶くみをメインとする雑用係に配属されることを伝えられ、それに落胆するという演出があった。事実、26日のラストシーンは、そのことを気に病んだ暢子が、

「うちの青春、もう終わってしまうのかねー? 第2章が始まると思って、ちむどんどんしてたのに」

とつぶやいて終わるというものだった。

   主人公が自らの将来を案じるという、今後の展開を暗示する放送内容が続いたにもかかわらず、ここまでの放送内容に対しては、

「ドラマの展開 ちむどんどんしない#ちむどんどん」
「ココロがワクワクドキドキしない...朝ドラ的に言うとちむどんどんしない...」
「今回の朝ドラは離脱するかも。。。何もかもまだちむどんどんしない」

といった手厳しい声も出ている。

   このような反応について、J-CASTニュース編集部はドラマ、演劇、映画に詳しいライターの木俣冬氏に意見を聞いた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中