2022年 5月 21日 (土)

海外で髪を切ったら...まさかの結果に! SNSで反響呼んだ「海外あるある」を振り返る

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ツイートまとめサービスTogetter(トゥギャッター)を運営しているスタッフがTwitterで注目された話題を厳選し、考察するコラムの第49回をお送りします。今回のテーマは「海外で異文化を体験しとまどう話がバズる理由」です。

Togetter社が解説する「3分くらいで分かる週刊Twitterトレンド」<出張版>

  • 海外での散髪はキケン?(画像はイメージ)
    海外での散髪はキケン?(画像はイメージ)
  • 海外での散髪はキケン?(画像はイメージ)

シャワーが近すぎるトイレ

   先日、ブルガリアにあるホテルのバスルームでとまどう日本人ユーザーのツイートがバズりました。

   投稿された写真を見るとそのバスルームはトイレ、シャワー、洗面台をかなり狭い空間に併設したタイプで、特にシャワーは使うとトイレが濡れるのを避けられなさそう。「どこでシャワーを浴びればいいの?」と思ってしまう配置なのです。

<このタイプのユニットバス初めてなんだけどどうすればいいのかな...「これだけは嫌だ」「海外だと意外と多い」 - Togetter>

   日本でもシャワー付きの浴槽とトイレ、洗面台などが一体になったユニットバスは一般的ですが、その多くはカーテンなどで仕切られており、それぞれのスペースが確保されています。今回のホテルの浴室に驚いてしまうのは無理もない話かもしれません。

   シャワーとトイレに仕切りのない浴室は海外ではよくあるタイプのようで、実際に利用したことがある人から使い方についてのコメントが多く寄せられていました。トイレットペーパーなど濡れるとまずいものを避難させた上でシャワーを浴び、後でトイレなどに残った水滴をふき取るのが正解?のようです。

   Twitterやトゥギャッターでは、トイレやバスルームの話をはじめ海外の生活様式の違いやカルチャーショックに関する話題がたびたび注目されます。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中