2022年 5月 17日 (火)

TRICERATOPS和田唱、共演者の泥酔ステージに不満爆発 「周りがチヤホヤして許すから裸の王様が出来上がる」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   ロックバンド「TRICERATOPS」のボーカル・和田唱さんが2022年5月2日未明、「ARABAKI ROCK FEST.22」で共演した一部アーティストのステージでの態度にツイッターで不満を露わにした。

  • 和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より
    和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より
  • 和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より
    和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より
  • 和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より
  • 和田唱さんのツイッター(@sho_wada)より

「ステージ上での泥酔を良しとする風潮はどうなのよ?」

   ARABAKI ROCK FEST.22は4月29日から5月1日にかけ、宮城県柴田郡のみちのく公園北地区で開催されたロックフェスだ。TRICERATOPSは、2日目となる30日に本フェス限定のゲストを迎えた「TRICERATOPS "25th ANNIVERSARY -DINOSAUR ROCK'N ROLL ARABAKI SESSION-"」として出演している。

   和田さんは1日夕方、ステージ上で撮影したTRICERATOPSのメンバー3人とゲストのアーティストらとの集合写真を添え感謝のメッセージをツイートした。

「アラバキ、俺達の25周年にこんな絵を実現させてくれて、心より感謝。あんなに長い時間、喜びと感動が体を巡り続けたステージはそう無い。集まってくれたオーディエンスの皆さん、ゲスト出演してくれたアーティストの皆さん、I LOVE YOUです」

   しかしその後、和田さんは2日未明の投稿で、「最高だった」と前置きしつつ、一部出演者のステージ上での振る舞いに関して思うところがあったとした。

「昨日は最高だった。最高だったよ。でも一言言わせてくれ。ステージ上での泥酔を良しとする風潮はどうなのよ?それを最高だの可愛いだの言うお客さんも俺はどうかと思うし、許してるスタッフの大人たちも問題ありだと思う」

   「誠実に向き合ってくれた」という共演ゲストに感謝を述べつつ、ステージ上で泥酔していたアーティストに対し、プロ意識が欠けているのではないかとした。

「ステージっていうのは神聖な場所だよ。誠実に向き合ってくれた(藤巻)亮太、(宮崎)朝子ちゃん、(岸谷)香さんには感謝しかない。プロだよね。周りがチヤホヤして許すから裸の王様が出来上がるんだ。みんなが言わないんだから俺が言う。以前は尊敬してたけどね カズマサもバックステージで同じこと言ってたよ、本人に(笑)」

   ファンから泥酔していたゲストについて「照れ隠しではないか」とするリプライが寄せられたことに反応し、ロック界の体質改善を図るべきではないかとした。

「照れ隠し??そんなのが通用するかね、いい大人がもうさ、この変わり映えしないロック界のピラミッド社会、いい加減壊して行かないかい?俺達から下の世代のミュージシャン諸君」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中