2022年 5月 24日 (火)

ちむどんどん賢秀に「どう考えても将来ヤバイ」 家族へ語った夢に総ツッコミ「そろそろ就業しろ」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2022年5月8日のNHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、ヒロインの兄・比嘉賢秀(竜星涼さん)が語った将来の展望に、視聴者からツッコミが相次いでいる。

  • 竜星涼さん(写真:アフロ)
    竜星涼さん(写真:アフロ)
  • ちむどんどん公式ツイッターより
    ちむどんどん公式ツイッターより
  • 竜星涼さん(写真:アフロ)
  • ちむどんどん公式ツイッターより

ニート脱却のはずが...?

   沖縄の本土復帰50年に合わせて放映されている今作。1964年、まだアメリカ統治下だった本島北部「やんばる地域」を舞台に、主人公・比嘉暢子(黒島結菜さん)がふるさとの食に夢をかけて料理人を目指す物語。タイトルの「ちむどんどん」は、「心がワクワクすること」を意味する。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   賢秀といえば、自由奔放な性格で、腕力だけは人一倍。4月25日放送のナレーションで「何度か那覇や名護に働きに行きましたが、どれも長続きせず、今は家でゴロゴロしています」と説明されている通り、家計が苦しい状況でも定職に就かず、酒を飲んだくれては、暴力沙汰を起こすこともあった。

   しかしながら4月27日の放送では、暢子から説教されたのが効いたのか、工事現場で汗を流す姿が。視聴者からは安堵の声があがる一方、はたして長続きするのか...といった不安視する声もあがった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中