2022年 5月 26日 (木)

大谷翔平「奇跡の一打」に反響 スコアボード直撃で自身の背番号が...「神業」「これは凄い」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手が2022年5月6日(日本時間)に敵地フェンウェイ・パークで行われたレッドソックス戦で放った一打が、国内外の野球ファンの間で注目を集めている。

  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「スコアボードから自分の背番号を叩き出す翔平」

   大谷選手はこの日、「3番・投手」で先発出場。投手としては7回無失点11奪三振で勝ち投手に。打者でも4打数2安打1打点と、投打で大活躍を見せた。

   そんな中、話題になっているのは8回オモテ無死満塁の第4打席。大谷選手は初球を捉えて大飛球を放ったが、そのボールはまっすぐと左翼フェンスの通称・グリーンモンスターのスコアボードに直撃した。

   この直撃を受け、手動式のスコアボードに表示されていた大谷選手の背番号「17」のボードが落下する事態に。奇しくも大谷選手は7回で降板、8回ウラからは別の投手が登板したため、まるで自身の降板を打球で知らせたような形となっていた。

   この一打は、投球分析家のロブ・フリードマン氏がツイッターで、「スコアボードから自分の背番号を叩き出す翔平」と動画付きで紹介したことなどにより話題に。ネット上では、

「試合出ながらスコアラーの手伝いまでする男」
「神業」
「これホームラン打つより奇跡やろ」
「これは凄い 奇跡かよ!」

といった反響が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中