2022年 5月 19日 (木)

吉野家、採用説明会で「外国籍お断り」 応募者の告発で発覚、本社が認める...厚労省「公正な採用選考に反する可能性」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   大手牛丼チェーン「吉野家」の採用担当から、外国籍なら就労ビザ取得が難しいなどとして、就職説明会の予約をキャンセルすると一方的なメールが来たと、ツイッターでその画像が投稿された。

   投稿者は、自身は日本国籍のハーフだとしており、この内容に不快感を訴えている。吉野家は、メールを送った事実を認め、「いつもは国籍の確認をしていますが、今回は漏れてしまって申し訳ございませんでした」と謝罪した。

  • 吉野家で外国人差別があった?(写真:西村尚己/アフロ)
    吉野家で外国人差別があった?(写真:西村尚己/アフロ)
  • 採用担当から送られたメールの文面(写真は、ちゃんちゃん@K5cc0Xさん提供)
    採用担当から送られたメールの文面(写真は、ちゃんちゃん@K5cc0Xさん提供)
  • 吉野家で外国人差別があった?(写真:西村尚己/アフロ)
  • 採用担当から送られたメールの文面(写真は、ちゃんちゃん@K5cc0Xさん提供)

理由は「就労ビザの取得が大変難しく、入社できない可能性」

   採用担当からだとするメールは、2022年5月3日にツイッターに投稿された。

   株式会社吉野家の「説明会ご予約の件」とのタイトルで、5月1日付の送信となっていた。

   メールでは、吉野家に関心を持ったことに感謝をつづったうえで、説明会に予約した件で連絡したとした。続いて、投稿者の予約について、次のような記述があった。

「外国籍の方の就労ビザの取得が大変難しく、ご縁があり内定となりました場合も、ご入社できない可能性がございます。
従いまして、大変申し訳ございませんが、今回のご予約はキャンセルとさせていただきますことをご了承ください」

   最後に、投稿者が素晴らしい企業などと出会って、社会人として活躍する未来を社員一同が願っているとして、「何卒ご理解ご了承のほどよろしくお願いいたします」と結んであった。

   このメールに対し、投稿者は、自身は日本で生まれ育った日本国籍のハーフだとして、説明会を一方的にキャンセルするのはどうなのかと不快感を露わにした。

   投稿には、メールの画像も載っており、2万件以上リツイートされて拡散している。

   吉野家ホールディングスの広報は6日、J-CASTニュースの取材に対し、今回のメールを説明会予約者に送ったことを認めてこう説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中