2022年 5月 20日 (金)

コスプレイベント「不適切対応」の公式カメラマン謝罪「自覚足りず」 過去の「ハラスメント発言」も謝罪

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   東京・池袋のコスプレイベントで不適切な対応をしたカメラマンが2022年5月9日、自身のユーチューブチャンネル上で謝罪した。

   謝罪したのは、ゲーム総合誌「ゲーマガ」の元編集長・梅田浩二さん(54)。コスプレ事業を手掛けるハコスタ(大阪市)が開催するイベント等でカメラマンを務めたことや、複数のユーチューブチャンネルを運営することなどで知られている。

  • イベントが開催された池袋サンシャインシティ
    イベントが開催された池袋サンシャインシティ
  • 「城前で自撮りしている女の子たち」を扱った投稿(ディズニー・ウメチャンネルより)
    「城前で自撮りしている女の子たち」を扱った投稿(ディズニー・ウメチャンネルより)
  • イベントが開催された池袋サンシャインシティ
  • 「城前で自撮りしている女の子たち」を扱った投稿(ディズニー・ウメチャンネルより)

コスプレ関係のユーチューブチャンネルに謝罪動画を投稿

   梅田さんは5月3日から4日、池袋サンシャインシティ周辺でコスプレ撮影ができるイベント「acosta!@池袋サンシャインシティ」に参加した。運営会社・ハコスタが起用した「公式カメラマン」として、無償で参加者の撮影を行っていた。

    4日、梅田さんの対応をめぐり一部の参加者がツイッターで苦言を呈した。被写体によって態度が異なり、投稿者に対しては怒ったり不機嫌そうな対応を取ったりしていたという。

   ハコスタは5日、イベント公式アカウントで「5月4日のacosta!にて公式カメラマンサービスの不適切な対応により、一部のお客様にご不快な思いをさせてしまいましたこと深くお詫び申し上げます」と謝罪。今後については「このようなことがないように指導を徹底いたします」と発表した。

   梅田さんは9日、私的に運営するユーチューブチャンネルの1つ「コスプレカメラ・ウメチャンネル」に謝罪動画を投稿した。公開が遅くなった理由については、運営との確認・調整があったためだとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中