2022年 5月 28日 (土)

ちむどんどん優子は「毒親」なのか ダメ兄・賢秀を叱らず、甘やかし...「全ての元凶」説も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」で、家族に迷惑をかけ続けるヒロインの兄・比嘉賢秀(竜星涼さん)。視聴者からは、賢秀を甘やかすような母・優子(仲間由紀恵さん)の対応について疑問を呈する声も目立っている。

  • 優子を演じる仲間由紀恵さん
    優子を演じる仲間由紀恵さん
  • ちむどんどん公式ツイッターより
    ちむどんどん公式ツイッターより
  • 優子を演じる仲間由紀恵さん
  • ちむどんどん公式ツイッターより

「(賢秀は)素直でいい子」とフォローする母

   沖縄の本土復帰50年に合わせて放映されている今作。まだアメリカ統治下だった本島北部「やんばる地域」を舞台に、主人公・比嘉暢子(黒島結菜さん)がふるさとの食に夢をかけて料理人を目指す物語。タイトルの「ちむどんどん」は、「心がワクワクすること」を意味する。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   2022年5月9日の放送で、美味しい投資話に騙され、詐欺師との待ち合わせ場所だったはずのハンバーガーショップで大暴れした賢秀。優子は破損した物品を弁償することを店に約束するが、ただでさえ借金を抱えている上、返すあてがない。

   10日の放送では、賢秀を探しに警察が自宅にやって来る。優子は、咄嗟に身を隠した賢秀に布をかぶせ、「いません」と嘘をつき「(賢秀は)素直でいい子なんです」とフォローする。

   その後、借金の保証人である叔父・賢吉(石丸謙二郎さん)は、詐欺に遭ったお金の返済について「暢子の給料も月々の返済に回せ」と激怒。金銭的な理由で暢子の東京行きを反対する賢吉に対し、優子は「だけど、おじさん。暢子はどうしても東京行きたいと...」となおも主張するが、渡航費や下宿代のことを突っ込まれると押し黙ってしまう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中