2022年 5月 25日 (水)

運営トラブル多発で炎上...「バルおそ松さん」が事態報告 対象客には「3000円分のギフトコード」配布へ

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   アニメコラボカフェ「BAL OSOMATSUSAN(バルおそ松さん)」の運営が2022年5月10日、初日にあたる7日の営業においてトラブルが多発したことを受けて、「問題点と改善方法」をツイッターで発表した。

   あわせて、初日の利用客全員に「3000円分のギフトコード」を送付することも伝えている。

  • 「バルおそ松さん」(ツイッターアカウント@BAL_osomatsusanより)
    「バルおそ松さん」(ツイッターアカウント@BAL_osomatsusanより)
  • 一部の客が不備を訴えた「カラ松ガールに捧げるペペロンチーノ」(バルおそ松さんの公式サイトより)
    一部の客が不備を訴えた「カラ松ガールに捧げるペペロンチーノ」(バルおそ松さんの公式サイトより)
  • 「バルおそ松さん」(ツイッターアカウント@BAL_osomatsusanより)
  • 一部の客が不備を訴えた「カラ松ガールに捧げるペペロンチーノ」(バルおそ松さんの公式サイトより)

問題点を6項目に分けて報告

   東京・池袋で開催中の同カフェでは、漫画を原作とするテレビアニメ「おそ松さん」とコラボしたノベルティ付きのメニューや限定グッズが販売されている。土日祝はディナーのみで120分制、平日は90分制のランチ営業も行う。

   初日の営業をめぐっては複数の利用者がツイッターで状況を明かし、波紋を呼んでいた。「1時間45分で1杯目」「お料理が出たのは3時間後でした」と提供時間に関する声が多く寄せられたほか、誤提供を訴える声などがあった。

   そうした報告を受けて、運営は8日時点で「不手際により飲食ご提供の大幅な遅れ、オーダーミス等が多発致しました」として謝罪文をツイートしていた。

   同店を運営するJAPAN IKEMEN PROJECT合同会社(東京都豊島区)は10日、バルおそ松さん公式ツイッターに「『バルおそ松さん』運営について」と題したメッセージ画像を投稿した。

   文書では、7日の営業について「運営の不備による数々の問題が発生し、御来店のお客様には多大なるご迷惑をお掛けいたしました。深くお詫び申し上げます」と改めて謝罪。6つの項目に分けて、問題点と改善方法を報告している。

   1つ目は、大きく問題視された「フード・ドリンクご提供の遅延、オーダーミスについて」を挙げた。飲食の提供に2時間以上の遅延が発生していたと認め、改善方法としては「オーダーシートを導入し、お客様に記入いただく形といたしました」。

   スタッフの増員と、予約可能人数の削減を行うほか、誤提供防止のため「調理したキッチン担当、配膳するスタッフ、フロアスタッフにおいてトリプルチェックを実施する」という。

   2つ目の問題点「入店の待機時間について」は、提供スピードの改善に伴って客の店内在留時間を正すことで、座席のスムーズな入れ替えを行うとする。

   3つ目は「安全ブレーカーの作動について」。電子レンジ2台、トースター、フライヤー、IHコンロ2台の稼働によりブレーカーが作動し、調理機器が使用できなくなる事態が発生していた。改善方法は以下のように伝えた。

「配線の変更を実施したことにより安全ブレーカーの作動を防止し、調理器具の不備が発生しない状態としております」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中