2022年 5月 19日 (木)

鈴木誠也の打撃に何が起きているのか 絶好調スタートも打率急落...カープOBが指摘した問題点

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロ野球広島、ロッテ、阪神でプレーした野球解説者の高橋慶彦氏(65)が2022年5月10日にユーチューブチャンネルを更新し、大リーグ・カブスの鈴木誠也外野手(27)のバッティングを分析した。

  • 鈴木誠也選手(写真:AP/アフロ)
    鈴木誠也選手(写真:AP/アフロ)
  • 鈴木誠也選手(写真:AP/アフロ)

下半身のタイミングにズレ

   動画は「誠也復活のカギ」などのタイトルで公開され、高橋氏が大リーグと日本の投手の違いを解説しながら現役時代の経験を踏まえてカープの後輩でもある鈴木にアドバイスを送った。

   今季大リーグに移籍した鈴木は開幕から好調をキープし、4月は打率.279、4本塁打、14打点をマーク。ナ・リーグ月間最優秀新人に選出され順調な滑り出しを見せたが、5月に入ってから打撃が下降線をたどり、本塁打は4月17日のロッキーズ戦以来出ていない。

   高橋氏は大リーグの投手は日本の投手に比べて投球の際テイクバックが小さいことを指摘し、これにより下半身のタイミングにズレが生じていると説明した。

   高橋氏は「メジャーのピッチャーは後ろ(テイクバック)がないんでどうしても『いち・に』で来る。誠也選手は足を上げているから『いち・にの』で行きたいんだけど『いち・に』で足が付いてしまう」と指摘し、「足を上げても下(下半身)でタイミングを取らない限り上(上半身)が付いてこない。下がついて行ってないわけ、タイミングに対して。遅れてるわけよ」と分析した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中