2024年 6月 14日 (金)

大谷翔平の話をしすぎ?地元局に苦言 元リポーターの投稿に反論続々、エンゼルス公式は「MVPの話題尽きない!!」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本時間2022年5月15日の米大リーグ・エンゼルス対アスレチック戦後、NBCスポーツの元リポーター、ミケーレ・タフォヤ氏が、放送を担当した地元局に苦言を呈した。

   この試合では大谷翔平選手がメジャー通算100本塁打を達成し、チームも9対1で勝利を収めた。

  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
    大谷翔平選手(編集部撮影)
  • ミケーレ・タフォヤ氏
    ミケーレ・タフォヤ氏
  • 大谷翔平選手(編集部撮影)
  • ミケーレ・タフォヤ氏

「史上最悪のツイートの1つになりました(爆笑)」

   ミケーレ氏は15日にツイッターで、「エンゼルスの放送...大谷の話題はもう十分!!」と書き込んだ。

   よほど不満だったのか、エンゼルス、同チームの地元放送局「バリースポーツ・ウエスト」、大谷選手の3アカウントのユーザー名も添えており、それぞれに通知が行くよう設定していた(大谷選手はツイッターアカウントを開設しておらず、誤って別人を載せている)。

   投稿には意見が殺到した。16日夕時点で、1263件のリツイートのうち1225件が引用リツイート。1100件近くのリプライ(返信)も寄せられた。

   同意しているとみられる意見も散見されるが、

「歴史の残る天才でMVPの選手について話すべきではないのか?」(ダラス・モーニングニュース紙のエバン・グラント氏)
「これは、かなり恵まれた(話題の)比率だと思います」(米メディアThe Athleticのサム・ブラム氏)
「これは、史上最悪のツイートの1つになりました(爆笑)」(バリースポーツのピート・ブラックバーン氏)

などと反発が目立つ(原文はいずれも英語)。

   議論の盛り上がりを受けてか、エンゼルス公式ツイッターも16日、この日のアスレチックス戦で2ランを打った瞬間の大谷選手の動画を投稿し、「我らがMVPの話題は尽きない!!」と称えた。

   大谷選手の大ファンで知られるFOXスポーツのベン・バーランダー氏はこのツイートに対し、目が回った顔文字とともに「ミケーレ・タフォヤ氏はいま、空に向かってパンチしている」と皮肉を込めてリプライしている。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中