中日・京田、清原和博氏の「金言」授かる 片岡2軍監督は期待「まだ目は死んでない」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球中日の片岡篤史2軍監督(52)が2022年5月18日に公開された清原和博氏(54)のユーチューブチャンネルに出演し、2軍で調整中の京田陽太内野手(28)について言及した。

  • 京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
    京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • 京田陽太選手(写真:松尾/アフロスポーツ)

「捨てなくてはいけないプライドもある」

   京田は5月4日に行われたDeNA戦(横浜スタジアム)の4回に先頭打者・大和内野手(34)の打球をグラブの下ではじき内野安打とし5回に代打を送られた。そして試合中に立浪和義監督(52)から名古屋への強制送還が命じられ、翌5日に出場選手登録を抹消された。

   動画は「清原から片岡監督へ緊急取材」とのタイトルで公開され、清原氏が11日にナゴヤ球場を訪れ、PL学園の後輩の片岡2軍監督にインタビューを行った様子が収められている。

   対談の中で清原氏は強制送還に触れ、「僕らの時代はあった話じゃないですか」と語りかけると、片岡2軍監督は「京田もいい意味でプライドがあるでしょうし、捨てなくてはいけないプライドもあると思う」と応えた。

   そして清原氏が2軍落ちした京田の様子について「ちょっとふてくされたりしないんですか?」と質問すると、片岡2軍監督は「それは僕が部屋に呼んでしゃべったんですけども、まだ目は死んでませんでした」と断言し、「そこでふてくされた態度を取るようだったら僕も黙っていられない」と毅然とした態度を見せた。

姉妹サイト