2022年 6月 25日 (土)

浜崎あゆみとは「まだお会いしたことなくて...」 話題ドラマ「M」主演から2年、歌手・安斉かれんの現在地

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   ゴールデンウィーク真っ只中の2022年5月1日。この日にデビュー3周年を迎えたのが、歌手の安斉かれんさん(22)だ。

   安斉さんは2019年5月1日、つまり、令和の1日目にデビューを果たした。J-CASTニュースは、そんな「エイベックスの新世代」とも言える安斉さんに、デビュー当時の思いや現在の活動などについて聞いた。

(聞き手・構成/J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

  • 安斉かれんさん
    安斉かれんさん
  • インタビューに答える安斉かれんさん
    インタビューに答える安斉かれんさん
  • 安斉かれんさん
  • インタビューに答える安斉かれんさん

ドラマ「M」主演抜擢...当時の思いは

   インタビュー冒頭、記者がまず聞いたのは、デビュー3周年となる22年5月1日に開催した、デビュー後初となる「観客の前でのパフォーマンス」について。

――まず、今年の5月1日でデビュー3周年を迎えられましたが、この日に安斉さんはデビュー3周年を記念して行ったオンラインライブ「ちゃんと世界線」を開催されましたね。

安斉:コロナの影響もあって、イベント以外でライブするのは初めてだったので、ライブの前日まで毎日スタジオに通って、3年前に出した曲も今のスキルで歌えるように「歌い起こし」をしていきました。練習中に喉を傷めないように、喉のコンディションには常に気を使っていました。初のワンマンライブということで、序盤はとっても緊張してしまったのですが、トークを挟んだ後あたりから、徐々に緊張は解れていった感じです。

――現在進行中の7作連続シングルについてお聞きします。この企画にかける思いをお教えください。

安斉:楽曲についてはもちろん、ミュージックビデオについても、これまでにない挑戦をしていきたいと思います。あと、これまでに出した5作の中で1番思い入れがあるのは、初のオンラインライブのタイトルにもなっている「ちゃんと世界線」ですね。モデルをしている実妹の安斉星来と共演したということもあって、やはり、この曲への思い入れは深いですね。

――安斉さんは3年前の5月1日、つまり、令和の1日目にデビューされましたが、当初はメディアに一切登場しないシークレットな活動でした。このため、この期間中にはネットニュースで、安斉さんは実はバーチャルなのではないかという「安斉かれん不在説」まで出てしまいましたが、「早く表舞台に出たい」といった歯がゆい思いはありましたか。

安斉:歯がゆさはなかったですね。逆に、「不在説」を知って、「私、いないんだってー!」とか言いながら楽しんでました。

――しかし、2020年には一転して「M 愛すべき人がいて」で、浜崎あゆみさんの役で主演することが突如として発表されました。ドラマ主演が決まった際の感想をお聞かせください。

安斉:決まった時点では、浜崎あゆみさんの役を演じるというのがどれぐらい凄いことなのかという実感は、なかなか湧かなかったんです。でも、決まってからはすぐに演技のレッスンに通い始めました。「実在されている方」を演じるのはとっても難しくて、改めて貴重な体験だったんだなと思います。

――浜崎さんに会われたことはありますか?

安斉:会ってみたいとは思いますが、まだお会いしたことはなくて。すごく緊張するでしょうね。
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中