2024年 6月 16日 (日)

ロシア大使、広島平和式典の「日本側のスピーチ」疑問視 「民間人大虐殺を行った国はどこなのか」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   広島市が8月6日の「原爆の日」に開く平和記念式典にロシアを招待しないことを決めたことを受け、ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使が2022年5月25日、駐日ロシア大使館のSNSを通じて、「恥ずべき措置」だとして非難した。

   ガルージン氏は、過去に式典に参列した感想として「この恐ろしい民間人大虐殺を行った国はいったいどこなのか、日本側のスピーチからはさっぱりわからない」とも指摘。日本が米国を非難しないことを「米国に対する同盟国としての義務だと理解しているのでしょう」と皮肉った。ロシアはこれまでの「原爆の日」に出した談話で、米国による原爆投下を「民間人に対する核兵器の運用実験」だと非難した経緯がある。

  • ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使(2022年2月撮影)
    ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使(2022年2月撮影)
  • ロシアのミハイル・ガルージン駐日大使(2022年2月撮影)

米国の責任に言及しないのは「同盟国としての義務だと理解しているのでしょう」

   ガルージン氏の書き込みでは、招待を見送ったことを

「この恥ずべき措置により、1945年8月米国による原爆投下の犠牲となった罪のない何万人という同胞の記憶に、日本の自称反核運動の指導者はあらためて背を向けました」

などと非難。さらに、過去に式典に参列した際の違和感を

「これまで平和記念式典に出席するたびに私が感じたのは、この恐ろしい民間人大虐殺を行った国はいったいどこなのか、日本側のスピーチからはさっぱりわからない、という思いでした。日本がこの点を思い出したくないのはあきらかです。それが米国に対する同盟国としての義務だと理解しているのでしょう」

などと披露した。ロシアがウクライナ侵攻で核兵器を使用する可能性が指摘されていることについて、

「ロシアがウクライナでの核兵器使用を目論んでいるというばかげた作り話を、恥知らずにもあらゆる手を尽くして拡散しています」

などと否定した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中