2024年 2月 25日 (日)

「総選挙あったから来られた」「後悔なく辞めたい」 SKE48須田亜香里がインタビューに語ってきた躍進と卒業

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   SKE48の須田亜香里さん(30)が2022年5月30日に本拠地のSKE48劇場(名古屋市中区)で行われた劇場公演で、グループからの卒業を発表した。須田さんはSKE48では最年長で、AKB48グループとしても柏木由紀さん(30)に次ぐ年長メンバー。グループ以外での活動も増え、卒業は秒読みだとみられていた。

   J-CASTニュースでは、SKE48の後輩メンバーが同席したものを含めると、須田さんに4回にわたってインタビューしている。そこでは卒業への思いや、卒業後の方向性について繰り返し語っていた。

  • 劇場公演で卒業を発表するSKE48の須田亜香里さん。9月24日に卒業コンサートを開く(c)2022 Zest, Inc.
    劇場公演で卒業を発表するSKE48の須田亜香里さん。9月24日に卒業コンサートを開く(c)2022 Zest, Inc.
  • 名古屋市内で開いたソロライブで弾き語りする須田亜香里さん。一度は中止になり「このまま終わると、もしかしたらちょっと寂しい思いをするファンの方も多いと思う」と話していた (c)2022 Zest, Inc.
    名古屋市内で開いたソロライブで弾き語りする須田亜香里さん。一度は中止になり「このまま終わると、もしかしたらちょっと寂しい思いをするファンの方も多いと思う」と話していた (c)2022 Zest, Inc.
  • J-CASTニュースの取材に応じる須田亜香里さん(20年1月撮影)
    J-CASTニュースの取材に応じる須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • VR(仮想現実)公演のサービス発表会に登場した須田亜香里さん(20年1月撮影)
    VR(仮想現実)公演のサービス発表会に登場した須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • SKE48のコンサートで「わるきー」を披露する須田亜香里さん(20年1月撮影)
    SKE48のコンサートで「わるきー」を披露する須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • 2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんは「センチメンタルトレイン」の衣装でパフォーマンスした(18年8月撮影)
    2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんは「センチメンタルトレイン」の衣装でパフォーマンスした(18年8月撮影)
  • 2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんのTシャツには「No.2」の文字(18年8月撮影)
    2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんのTシャツには「No.2」の文字(18年8月撮影)
  • 愛知県のPRイベントに登場した須田亜香里さん(17年10月撮影)
    愛知県のPRイベントに登場した須田亜香里さん(17年10月撮影)
  • 17年の選抜総選挙の開票イベントでスピーチする須田亜香里さん。6位にランクインした(17年6月撮影)
    17年の選抜総選挙の開票イベントでスピーチする須田亜香里さん。6位にランクインした(17年6月撮影)
  • SKE48のオーディション発表会で話す須田亜香里さん(14年7月撮影)
    SKE48のオーディション発表会で話す須田亜香里さん(14年7月撮影)
  • 劇場公演で卒業を発表するSKE48の須田亜香里さん。9月24日に卒業コンサートを開く(c)2022 Zest, Inc.
  • 名古屋市内で開いたソロライブで弾き語りする須田亜香里さん。一度は中止になり「このまま終わると、もしかしたらちょっと寂しい思いをするファンの方も多いと思う」と話していた (c)2022 Zest, Inc.
  • J-CASTニュースの取材に応じる須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • VR(仮想現実)公演のサービス発表会に登場した須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • SKE48のコンサートで「わるきー」を披露する須田亜香里さん(20年1月撮影)
  • 2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんは「センチメンタルトレイン」の衣装でパフォーマンスした(18年8月撮影)
  • 2018年の「感謝祭」コンサート。須田亜香里さんのTシャツには「No.2」の文字(18年8月撮影)
  • 愛知県のPRイベントに登場した須田亜香里さん(17年10月撮影)
  • 17年の選抜総選挙の開票イベントでスピーチする須田亜香里さん。6位にランクインした(17年6月撮影)
  • SKE48のオーディション発表会で話す須田亜香里さん(14年7月撮影)

劇場公演では後列の隅、握手会で頭角現す

   須田さんは劇場公演のあいさつで、卒業を決めた理由を、「アイドル・須田亜香里」では味わい尽くせなかった人生を「人間・須田亜香里」として味わい尽くすためだと説明。卒業は「すごく怖かった」一方で、「まだ見ていない景色とか可能性を目の前に置いておいて、それを怖がっている自分は違う」として、新たな一歩を踏み出すことにした。「アイドル活動をいろんな人に還元していけるようになれたらいい」とも話した。

   須田さんは09年に3期生としてSKE48に加入。劇場公演のポジションは後列の隅が続き、当初は「推され」ていたわけではなった。だが、握手会での「神対応」で頭角を現し、13年のAKB48グループの選抜総選挙で16位にランクイン。指原莉乃さん(29=19年卒業)がセンターを務めた「恋するフォーチュンクッキー」のオリジナルメンバーの座を射止めた。16年は7位に順位を上げ、初めて「神セブン」入り。18年には松井珠理奈さん(25=21年卒業)に次ぐ2位にまで上り詰めた。SKE48の26枚目のシングル「ソーユートコあるよね?」(20年1月発売)では、初めてセンターポジションに起用された。

   SKE48としての活動以外にも、中日新聞でコラム「てくてく歩いてく」を連載しているほか、情報番組「ドデスカ!」(メ~テレ)のコメンテーター、ラジオ番組のレギュラー出演など活躍の幅を広げていた。

   選抜総選挙は、須田さんにとって力の源泉になっていた節もうかがえる。須田さんは20年1月のインタビューで、「私は総選挙があったからここまで来られました」と話し、客観的な指標で評価されることに意義があったことを指摘している。

「握手会の列が長いのにどうしてステージの立ち位置は隅なんだろうと思っていた時に、数字で『何票で何位』という誰も動かせない結果として出ると、自分が必要だとされているという自信になりました」

   ただ、仮に総選挙が復活したとしても「今の私で、あの投票条件で見られる景色は現状見尽くしたなと思っています」と出馬には否定的。2位にランクインしたことで、須田さんのキャリアにとっての役割を事実上終えたとみていたようだ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中