2024年 6月 18日 (火)

人気ラッパー「私財1億円」出資で誕生 今熱いボーイズグループ「BE:FIRST」の魅力とは

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2022年の新進ボーイズグループといえばBE:FIRST の名が挙がるだろう。SOTA、SHUNTO、MANATO、RYUHEI、JUNON、RYOKI、LEOの7人からなり、5月18日に2ndシングル『Bye-Good-Bye』をリリースしたばかりのボーイズグループだ。

   昨今、音楽番組やラジオ番組などに積極的に出演し、4月からは日曜日の14時半から放送の冠バラエティ番組『BE:FIRST TV』をスタートさせた。ますます注目が高まり、ファン以外にも知名度を広め始めたBE:FIRSTについて、改めて紹介する。

  • めざましい活躍を遂げているBE:FIRSTの8人
    めざましい活躍を遂げているBE:FIRSTの8人
  • めざましい活躍を遂げているBE:FIRSTの8人

ダンス・ラップ・歌...マルチに活躍するメンバーたち

   BE:FIRST は2021年11月3日のデビュー時から幅広い表現力を見せつけてきた。プレデビュー曲「Shining One」は爽やかでキラキラしたテイスト、デビューシングル表題曲「Gifted.」は壮大さすら感じるメッセージソング、2ndシングル表題曲「Bye-Good-Bye」はポップで明るい前向きなさよならソング、同シングル収録曲「Betrayal Game」はクールなダンスナンバーと、すべてバラバラだ。自分たちの色をハッキリ持っているアーティストは少なくないが、今のところのBE:FIRSTにはそれがない。しかし、かえってどのテイストの楽曲も完璧に自分たちのものとしてパフォーマンスできるだけのスキルが彼らにはある。ライブパフォーマンスは生歌で、音源の被せもなし。ピッチは全くブレない。

   SOTAは世界大会で優勝経験を持つダンスのプロフェッショナルで、プロダンサーとして活躍してきたため、テクニカル面ではピカイチだ。また、オーディションとデビュー後の活動を通して、ラッパーとしても成長。持ち前のリズム感を武器に、楽曲にスパイスを添えている。18歳のSHUNTOはダンスやパフォーマンス中の仕草の完成度も然ることながら、艶っぽい歌声にも注目が集まっている。「Betrayal Game」でもエッジの効いた歌声を披露しているので、ぜひチェックしてみてほしい。MANATOは軽やかさと重厚さを兼ね備えたダンスも、リズムとピッチが正確な歌唱力も安心して見ていられる。「Bye-Good-Bye」や「Brave Generation」などで耳に残るパートを担当しているのも納得だ。

   最年少のRYUHEIは15歳とは思えない、大人っぽいパフォーマンスで見る者を魅了している。特に歌声には定評があり、単に上手いだけでなく楽曲の世界観に寄り添うことができる。最年長のJUNONは高音が美しく、「Bye-Good-Bye」のサビでも彼の美声を楽しめる。しかも、オーディション参加時、歌もダンスも未経験だったというから驚きだ。

   もともと俳優として活動していたRYOKIは、パワフルで熱いパフォーマンスが特徴だ。特にラップはハッキリとした個性を持っており、歌、ダンス、ラップにおける彼のスキルは、今やグループに欠かせない武器だ。大手事務所の育成生の経験があるLEOは、爽やかな歌声と安定したダンススキルの持ち主。かつ、デビュー後も成長を続けているため表現力もさらに高くなってきている。楽曲のイメージを作り上げている、「Bye-Good-Bye」の出だしの担当パートは必聴だ。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中