2024年 2月 26日 (月)

「どうしてここまで売れるのか」作者も驚き 「円周率1,000,000桁表」ロングセラーの理由

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
「どうしてここまで売れるのか大変不思議なのですが...」

   こう語るのは、無限に続く「円周率」を延々と記しただけの本「円周率1,000,000桁表」(暗黒通信団)を執筆した牧野貴樹さん。同書は1996年の初版以降増刷を重ね、累計販売冊数は4万部に迫る勢いだ。一見用途不明の本が、密かな「ロングセラー」になった理由とは。

  • 「円周率1,000,000桁表」(暗黒通信団)
    「円周率1,000,000桁表」(暗黒通信団)
  • 本を開くと、円周率がひたすら記載されている
    本を開くと、円周率がひたすら記載されている
  • 「円周率1,000,000桁表」(暗黒通信団)
  • 本を開くと、円周率がひたすら記載されている

「使い道が知りたい」ツイッターで話題

   円周率とは、円の直径に対する円周の長さの比率のこと。日本では小学5年生の算数から登場する。3から始まり、以降.14159...と果てしなく続くが、小学校では近似値の「3.14」、中学校以降の数学では「π」で表される。

   何かと省かれがちな円周率。そこに光を当てたのが「円周率1,000,000桁表」だ。その名の通り、「3」から始まる円周率を1ページあたり1万桁、合計100万桁分載せたもので、価格は円周率にちなんで314円(税抜き)。ECサイトや全国の書店で購入できる。

   2022年5月下旬、ツイッター上でこの本を買ったというユーザーの投稿が拡散され、「狂気」「イカれてる」「使い道が知りたい」などと注目を集めた。巻末の「Q&A」に記載された「ただの事実の羅列なので著作権はない」という説明書きも話題を呼んだ。

   本の出版は、人気ゲーム「ポケットモンスター」や「たまごっち」が発売された96年。「コミックマーケット」などで自主制作本を販売する同人サークル「暗黒通信団」から出版された。執筆者の牧野さんは当時大学生。円周率に興味があり、円周率を計算するプログラムを書いていた。22年6月1日、J-CASTニュースの取材に本の出版経緯をこう語る。

「サークルのメンバーから、コミケに出す新刊がなにかないかと聞かれたので『そういえば円周率ならあるけど』といって、第1版はレーザープリンタで印刷して手製本の形でコミケで30冊販売しました」

   初めて売り出したコミケ51(96年冬)で好評を博した本は、第2刷では300冊に増やしコミケと都内の一部書店で販売。本来はここで販売終了予定だったが、「なぜか何年経っても書店からの客注が入り続けるので、それだけ需要があるならと重刷することになりました」と牧野さんは振り返る。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中