「女子高生ミスコン」トラブル発覚で警察沙汰に 悪質ファンが出演者と「問題DM」...運営が再発防止へ

   「みんなで選ぶ、日本一かわいい女子高生を決める」を掲げる「女子高生ミスコン」の運営会社は2022年6月9日、出演者とファンでトラブルが起き、警察に相談したと発表した。

   同大会をめぐっては、ファンの問題行為がSNSで取り上げられ、混乱が広がっていた。

  • 女子高生ミスコン公式サイトより
    女子高生ミスコン公式サイトより
  • 女子高生ミスコン公式サイトより
    女子高生ミスコン公式サイトより
  • 女子高生ミスコン公式サイトより
  • 女子高生ミスコン公式サイトより

優勝賞金100万円

   女子高生ミスコンは今年で8回目となる。スポンサーを写真加工アプリの「SNOW」、着物レンタルの「ジョイフル恵利」、衣料販売の「SPINNS」が務め、メディアパートナーの「モデルプレス」は、「近年"芸能界の登竜門"としても話題」と喧伝している。

   書類選考やSNS投票などの審査があり、2022年12月にグランプリが決まる。優勝者は賞金100万円やYouTubeドラマへの出演権などが贈られる。

   現在は、ライブ配信アプリ「ミクチャ」で「第2回シードオーディション」をしている。視聴者からの有料仮想アイテムなどで貯まるポイント上位者が次の選考に進める。

   運営するエイチジェイ(東京都渋谷区)の発表によれば、女子高生ミスコンおよび同時開催中の「男子高生ミスターコン」で、参加者とファンがトラブルになった。

姉妹サイト