カシメロ、井上尚弥戦熱望も...地元メディア辛辣 「世界王座がなければ誰もカシメロに気付かない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   プロボクシングの世界バンタム級3団体統一王者・井上尚弥(大橋、29)への挑戦を熱望している元WBO世界バンタム級王者ジョンリル・カシメロ(フィリピン、32)に対し、地元フィリピンメディアが辛辣に報じた。

  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
    カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)
  • カシメロ選手(写真:ロイター/アフロ)

世界王座は交渉上の切り札

   フィリピンテレビ局「GMA」(WEB版)は、「世界タイトルがなければカシメロは井上と対戦する可能性が低い」とのタイトルで記事を公開し、ボクシングのベテランアナリストであるエド・トレンティーノ氏の見解を伝えた。

   記事ではカシメロが最近になってSNSで井上との対戦を呼びかけているが、カシメロが現WBO世界バンタム級王者ポール・バトラー(英国、33)との試合を2度にわたりキャンセルしたことで井上との対戦が実現するとは考えていないと伝えた。

   トレンティーノ氏は「カシメロがWBOのタイトルを保持しているならば間違いなくカシメロだろうが、現在井上が優先するのは現WBOチャンピオンのポール・バトラーだ」との見解を示した。

   さらに「バトラーは、井上が誰もが認めるバンタム級チャンピオンになるための対戦相手だ。世界タイトルがどれほど重要であるか。それは交渉上の切り札だ。世界タイトルがなければ誰もカシメロに気付かないだろう」と解説した。

姉妹サイト