「朴優樹菜説」言及の木下優樹菜が憤慨 「どうせ在日だろ?」言葉向けられ...「韓国の方にマジで失礼」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   元タレントでYouTuberの木下優樹菜さんが2022年6月15日、YouTube動画で自身の「在日韓国人説」を否定した。

   木下さんは雑誌の表記ミスを発端に「朴優樹菜」と言われるようになり、韓国の食品会社のCMに出演したこともあるとした。噂の言及を避けてきたことについて「『韓国人じゃないよ』って否定することが、韓国の人にメチャクチャ失礼」と説明した。

  • 木下優樹菜さん
    木下優樹菜さん
  • 木下優樹菜さん

「なんか譲れないものがあって...」

   木下さんは「『朴優樹菜』についてお話しします【ユキナの告白】」と題した動画を投稿した。冒頭、スタッフから「ということでね、朴優樹菜さん」と振られると、「誰が朴優樹菜だ!」とツッコミを入れつつも「アニョハセヨ?、朴優樹菜イムニダ」と冗談めかして返答。一転して真面目な表情になると、自身をめぐる「在日韓国人説」について説明した。

「この16年間くらいずっと言われ続けてたから知ったんだけど、なんかね日本で『この辺の苗字の人は在日率が高い』みたいな(噂が)あるのよ」

   「木下」という苗字もその噂に当てはまることから、木下さんも実際にスタッフから確認されたことがあるという。テロップでも「木下優樹菜=在日韓国人説」と表示された。

   木下さんは、そうした噂に言及してこなかった理由について「なんか譲れないものがあって...」とし「優樹菜、本当韓国人の女友達がいるの」と韓国人の友人の存在を挙げた。数年前に韓国に帰国してしまったものの、今でも連絡を取る仲だという。さらに、活動休止中に韓国ドラマや「BTS」「TWICE」にハマったこともあり、「『韓国人じゃないよ』って否定することが、韓国の人にメチャクチャ失礼」と語った。

「『どうせ在日だろ?』とか、『おい!韓国!』とかって言ってくんの」

   スタッフが「タチ悪いのが、『ハーフなんですか?』とか『出身がどこなんですか?』っていう素朴な感じじゃなくてさ、バカにしてんだよね」と話すと、木下さんは「そう、バカにしてんの。在日でしょ?とか。そもそも(確認する)意味がわかんない。失礼だからマジ」と同意。さらに、こう続けた。

「韓国ブーム、韓国ブームつってさ、今じゃもう韓国ドラマとかさ、BTSを筆頭にさ、普通じゃん。韓国っていうのが本当に。なのに、そうやって一部の人が『どうせ在日だろ?』とか、『おい!韓国!』とかって言ってくんの。それがマジ普通にムカつく。てか失礼。何も知らないくせにマジ言うなって感じ。韓国の方にマジで失礼。だから否定したくなかった」

   スタッフが「木下優樹菜に対してどうって言う前に、そもそもそれをやめなよって。他の国とかを差別したり」と話すと、木下さんは「マジでやめたほうがいいと思うよ」と返した。テロップには「そんな事して何が楽しいの?」と表示された。

   木下さんは「下町生まれのお母さんとお父さんから生まれた、下町育ち下町生まれの江戸っ子の木下優樹菜でございます」「(親族には)誰も(韓国の)血が入ってない」と自身の出自を説明。ただ、在日韓国人だという噂をもとに、韓国の有名な粉末だし「ダシダ」のCMの仕事を受けたこともあるとして「そういうCMをいただいたりとかするくらい、『朴優樹菜』が浸透してたんだなって言うのはすごくある」と振り返った。

「『木』と『下』の字がつながって、『朴』になっちゃったみたいな」

   「朴優樹菜」の噂の出どころについては、木下さんがアパレルショップで販売員をしていた18〜19歳の頃に雑誌の取材を受けたことがきっかけだとした。

「もともと字汚いし、テキトーに書いちゃったの、(プロフィールの)『木下優樹菜』を。そしたら、『木』と『下』の字がつながって、『朴』になっちゃったみたいな」

   こうして、雑誌の担当者が「朴優樹菜」の名前で掲載してしまったという。これが原因で、木下さんはデビュー後から「朴優樹菜」と言われてきたものの、「こんなに長年言われ続けるとは思ってもいなかった」と振り返る。

   木下さんは、日本のパスポートをスタッフに見せるも「こうやって言ってても、なんか......韓国の人に失礼!今自分がこうやって否定してることが本当に韓国の人に失礼」と苛立つ。さらに「全然『朴優樹菜』って呼ばないでね、とは言ってない。ただ事実をお伝えしたので、別に朴優樹菜だろうが別に、って感じです」とし、「I LOVE 韓国」と韓国愛を伝えた。

姉妹サイト