2022年 6月 28日 (火)

「これ完全に放送事故だろ...」報ステでNHK党・立花孝志氏が退場騒ぎ 本人は不満「振る舞いを強制するのはおかしい」事前の通達文も公開

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   参院選に向けた党首討論が放送された2022年6月16日の「報道ステーション」(テレビ朝日系)で、NHK党の立花孝志党首の言動をめぐって「完全に放送事故」などとツイッターが騒然とした。立花氏は、テーマにそぐわない発言があったとして番組を途中退席している。

  • 立花孝志氏(2017年撮影)
    立花孝志氏(2017年撮影)
  • 立花孝志氏(2017年撮影)

「追い出される前に自ら止めます」

   9党首による討論中、ロシアによるウクライナ侵攻を受け「国民の安全 どう守る?」というテーマが提示された。

   NHK党としての回答は「NHKをぶっ壊す」だった。リモート出演していた立花氏は、「テレビをご覧の皆さん、テレビは核兵器に勝る武器です。テレビは国民を洗脳する装置です。テレビは国民が知るべき真実を隠しています」などと語り始めた。

   立花氏は事前にプロデューサーより、テーマと逸脱した発言をした場合、「スタジオから追い出される」可能性があると伝えられたとして不満をあらわに。立花氏が発言を続ける中、大越健介キャスターが「おっしゃる通り、認められません」と遮った。立花氏は大越キャスターが静止する中そのまま話を続けた。

   立花氏は「追い出される前に自ら止めますので、YouTubeで私の発言をさせていただき......」とYouTubeで続きを行うと予告した。

   画面が切り替わると、立花氏は席からいなくなっていた。その後、CM明けに小木逸平アナウンサーが「立花党首は自ら退席されましたが、このまま8党の党首の皆さんと議論を続けていきます」と伝え、立花氏以外の8党首で議論が進められた。

   SNSでは驚きをもって受け止められ、「これ完全に放送事故だろ...」といった反応が続出した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中