2022年 6月 28日 (火)

二択の米・パン、両方取ろうとした自衛隊員が停職→「厳しすぎ」の声 広報「処分は適正」その理由

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   埼玉県狭山市内の航空自衛隊入間基地で、ご飯かパンしか選べないのに両方を取ろうとした隊員が停職3日の懲戒処分になったと地元紙に報じられ、ネット上では、厳しすぎるのではないかとの声が相次いでいる。

   その職は激務なのに、なぜ両方とも食べてお腹いっぱいにしたらダメなのかとの意見も多い。入間基地の広報班に取材して話を聞いた。

  • 航空自衛隊入間基地
    航空自衛隊入間基地
  • 航空自衛隊入間基地

「注意すれば済むことではないか」などの声

   隊員の処分は、埼玉新聞が2022年6月21日、「懲戒処分...朝食でパンか米の二択なのに、両方選んだ1等空尉 入間基地、停職に」との見出しでウェブ版でも報じた。

   記事によると、50代の男性1等空尉は4月26日、基地幹部食堂で朝食を食べるとき、ご飯のほか1食分のパン2個を不正に取ろうとした。配膳係から指摘を受け、空尉は2個を食べることなく、その場で返した。空尉は、このことを自ら基地に申し出たという。

   空尉は、「米を減らしたため、パンを取っても問題ないと思った。認識不足だった」と話し、これに対し、基地では6月20日、空尉を停職3日の懲戒処分にした。

   この記事が出ると、ヤフーニュースのコメント欄やツイッター上などでは、「こんなことで...」「処分が厳しすぎる」「注意すれば済むことではないか」といった書き込みが相次いだ。「激務なんだから食べたいだけ食べて」「飯くらい自由な量を与えるべき」などと、食べ方を縛るべきではないとの意見も多い。

   一方で、「規則があるなら守るべきだ」「沢山取ったことにより、食べられない人が出る」との指摘もあった。

   入間基地の広報班は21日、J-CASTニュースの取材に対し、懲戒処分はマスコミを通じて公表しており、今回も地元の記者クラブにFAXを送ったとしたうえで、空尉が不正をした状況について説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中