2022年 7月 5日 (火)

「ドネアはロマゴンに打ち勝てる」ドネア父が明言 地元メディアが報道...過去には「スーパーフライ級」参戦視野

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   プロボクシングの世界5階級制覇ノニト・ドネア(フィリピン)の実父でトレーナーを務めるノニト・ドネア・シニア氏が、スーパーフライ級でもドネアが世界の頂点に立てることを確信していると2022年6月22日に地元メディアが伝えた。

  • ドネア選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
    ドネア選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)
  • ドネア選手(写真:山口フィニート裕朗/アフロ)

井上に衝撃TKO負けで進退不透明

   フィリピンの放送局「GMA」(WEB版)は、「『ドネアはまだスーパーフライ級トップ選手を倒すことが出来る』とノニト・シニアは言っている」とのタイトルで記事を公開し、ドネアが置かれている現状などを分析した。

   ドネアは6月7日にさいたまスーパーアリーナで行われた世界バンタム級3団体王座統一戦でWBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)と対戦し2回TKO負けを喫した。無冠となったドネアは進退に関して明言を避けており、今後は不透明な状態にある。

   「GMA」によると、ドネア・シニア氏は「ドネアが115ポンド(52.16キロ=スーパーフライ級リミット)に落とせるならば、チョコラティート(ローマン・ゴンサレスの愛称)を打ち負かすことが出来る」と主張している。

   「ロマゴン」の愛称で日本でも人気のあるゴンサレスは、ミニマム級、ライトフライ級、フライ級、スーパーフライ級の4階級を制覇したニカラグアの英雄。過去には米国の権威ある専門誌「ザ・リング」が作成するパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級の壁を越えた最強ランキング)で1位にランクしたこともある世界的ボクサーだ。

コメント欄は2022年8月23日から、システムを移行します。詳しくはお知らせをご確認ください。
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中